1. まとめトップ
  2. ガールズ

恥ずかしい!ダサい認定される「勘違いカジュアル」の特徴

これだけ覚えておけば大丈夫

更新日: 2016年07月06日

1192 お気に入り 967515 view
お気に入り追加

「勘違いカジュアル」はこんな人

Tシャツの着丈は、ベルトよりも少し下、ポケットが少し隠れるくらいに。タイトなものが欲しいなら、ベルトが半分隠れるくらいの長さでも大丈夫です

丈は、ベルトがちょうど隠れるくらいが理想。それ以上長くても、短くても違和感を与えます

シンプルでも差が出る場所

これもとても多いですね。全身の色合いにメリハリがなく、ぼやけた色合いの服を着ている人をよく見かけます

簡単なのはコーデに使う色を2色か3色に抑えること。これで配色にまとまりがでます

上下の服の色の組あわせは、まずはスカートやズボンを選らんでから上の服を選びましょう!

意外と難しい「靴下選び」

白ソックスに挑戦したいけど、田舎の中学生みたいにならないか不安……という方も少なくないはず

みゆうが最近ハマってる制服アレンジ冬は黒のハイソックスで良いと思うけど、夏は暑いから、NIKEのロクールソックス履いてる足長く見えるしオススメだよ #アイドル #制服アレンジ #夏にオススメ #NIKE #靴下 #がんみゆ pic.twitter.com/u43log5UE8

「白ソックス」に対して「パンツ・靴」は暗めの色が基本。足元の色を“対比させて”白ソックスを際立たせます

シャツのインナーと靴下の共通点は表に出さない、見せない服ということ。主張は避けて、上に着た服を邪魔しないように目立たない色を選びます

ハイヒールに靴下を合わせるなら、足首の丈がちょうどいいですし、スニーカーやブーツに合わせるなら、スニーカーやブーツよりも少し長めの丈がバランスが良く、ちょうどいい

買い物の仕方から「ダサい」人も…

自分が着たい服や似合う服をきちんと把握していない段階では、「着回し」なんていうハイレベルなものは、もっと先の段階で考えるべき

去年は似合っていた服が、なんだか古臭い…。同じアイテムでも、よく見ると襟ぐりの開き具合や、着丈の長さなど、どこか微妙に違っている…

1 2





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう