1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

たぶん日本で一番カッコいい女性ギタリスト『田渕ひさ子』とは

日本を代表するギタリスト田渕ひさ子。自身の追及する音楽を表現すべく結成したバンド、toddleの4枚目のアルバムが間もなくリリースされます。相変わらず精力的に活動する彼女をまとめてみました。

更新日: 2016年07月14日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
162 お気に入り 58001 view
お気に入り追加

■『田渕ひさ子』とは

福岡県出身 1975年12月9日生まれ O型

13才でギターを始めて以来、途切れることなくギャルバンでギターを弾き続ける。

19才でNUMBER GIRLに加入し、紅一点のギタリストとして注目される。

NUMBER GIRL解散後bloodthirsty butchersに加入し、中心人物である吉村秀樹と結婚。

バンドやソロとして幅広い活動を展開し、現在はtoddleを中心に、LAMA、Koji Nakamura、SPANK PAGEでも活動中。

他にも、かつて椎名林檎との発育ステータス、小谷美紗子とのodani misako・tataなど様々なバンドを経験

影響力…あります

強烈なインパクトのあるギターは、数々のギタリスト、特に女性からは憧れとされている。

後にジャズマスターを弾くギタリストを大量生産した女性ギタリスト。

カミソリのような鋭い音作りとPA泣かせの爆音、そしれ彼女にしか弾けない鬼気迫るギターソロ。替えの利かないギタリストだ。

贔屓目でなく、この分野で彼女に追いつけたギタリストがまだ一人としていないので、女性ギタリストとして語られることの方が少ないくらい。

生まれ変わっても女子でバンドやるなら、10代は後藤まりこみたいにかき鳴らして、20代は田渕ひさこみたいにカッコいい感じに覚醒して、30代はキム・ゴードンみたいになりたい。

在籍する(した)バンドは錚々たるもの…

■「ナンバーガール(NUMBER GIRL)」1995-2002

1995年に福岡で結成された日本のロック・バンド。メンバーは向井秀徳(vo,g)、田渕ひさ子(g)、中尾憲太郎(b)、アヒト・イナザワ(ds)の4名。地元・福岡でのライヴ活動やカセットテープの自主制作などを経て、98年に上京。99年5月にシングル「透明少女」でメジャー・デビューを果たす。

田淵ひさ子めっちゃかっこいいな。向井やったからこそのバンドなんやろけど向井がおらんかったら好きになってたやろなー。 NUMBER GIRL - OMOIDE IN MY HEAD (last live, last song) youtu.be/GJIYZGs4iJs

田渕ひさこさんといえばナンバーガールのギターさんで、アジカンが影響受けてたり空想委員会の三浦委員長が好きって言ってたりで知ってたから、自分の好きな人の好きな人っていう認識で、だからまさかそんな凄い方をガタカで観れる日が来るとは考えたこと無かったし単純に、すげえ。って思った。

■「toddle」2002-

日本のロック・バンド。2002年10月よりに田渕ひさ子(g,vo)が構想し、ギター2名とドラムの編成で活動を開始。2004年に江崎典利(b)が正式加入。その後、メンバーチェンジを経て、田渕、江崎、小林愛(g,vo)の編成に。

田淵ひさこの声いいよあ、ソロもtoddleもナンバガ(真っ昼間ガール)も

toddleはナンバガの田淵さんのバンドなのか。爽やか系で聴きやすい

1 2





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう