1. まとめトップ
  2. ガールズ

うそっ!夏に「おブス肌」をつくっちゃうNGケア

夏こそしっかりケアしないとダメなんですね

更新日: 2016年07月08日

mojyamiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
452 お気に入り 226271 view
お気に入り追加

さっぱりケアが、むしろ逆効果になることも

「皮脂を抑える」「さっぱりタイプ」の化粧水を選びがちです。実はこの選び方は間違い!

湿度や汗で“なんとなく”うるおっている気がしても、夕方の肌が疲れていたり寝起きの肌が乾燥していたら、ケアが足りていないのです

収れん化粧水など、保湿作用が低いものなどは逆に肌あれの原因にも

保湿作用の低いタイプだと化粧水の蒸発と同時に、肌の水分も奪ってしまうので注意が必要です

アルコールが入ってる化粧水は特に注意

乾燥肌の人が使うと皮脂量が減り、乾燥がひどくなり、肌荒れを起こすことがあります

お肌のあぶらが気になる時は、しっとり系がいい

ベタベタしそうって思ってたけど、むしろ皮脂を抑えてくれます

皮脂コントロールも大切ですが、大人ニキビの場合には角質層の乾燥を避けること、すなわち保湿が基本的なケア

皮脂が多いからとさっぱりタイプではなく、Uゾーンと一緒に高保湿の化粧水でスキンケアを行いましょう

あのべたべた感が嫌でたまりません。で、乳液をつけないようにしたら少し良くなりました。化粧水だけです。それだけでも結構保湿されて良いです

どうしても気になる人は化粧水だけでいいみたい♪

肌の水分の80%以上を守っているのが、セラミドなどの角質細胞間脂質なのです

乾燥は皮脂の分泌を促してしまうし、くすみの原因にも。特に乾燥がひどい肌には、より保湿力の高いとろみのある化粧水がおすすめ

実は学校からの帰りに夢彩都に寄って化粧水を吟味していた。 セラミド2(セラミドNS)が入ってる化粧水。 乾燥が気になる人におすすめ。

ローズウォーターをコットンに含ませ、ニキビやお肌全体に塗ることで、過剰な皮脂を取除き、毛穴を引き締めてくれる

リラックスすることはホルモンにも良い影響を与え、にきびや乾燥などのトラブルに強い肌作りにも効果的です

冬のケアって思ってたオイル美容もおすすめ

オイル美容液は“乾燥する冬に使うもの”とか、“べたつく”というのは思い込み。実は、水分&油分のバランスを崩しやすく、肌がごわつきやすい夏こそ取り入れてほしいんです

ジメジメした季節は軽いテクスチャーのコスメへ移行する人が多いと思いますが、化粧水だけでは肌は乾燥してしまいます

手の平にたっぷり含ませておさえこむように浸透させるのがよいでしょう

夏こそスキンケアが大事

肌が大量の汗で水浸しになったり、冷房空間で肌が乾いたり、の繰り返しが多くなります。この繰り返しが悪影響大なのです

夏の夜は、日中の過酷な環境のもとでお疲れ気味の肌と身体を、しっかりいたわってあげましょう

1





mojyamiさん

おしゃれなカフェとか雑貨屋さんめぐりが好き

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう