1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

知りたくなかった…カビが発生する意外な場所

ちょっと気をつけるだけでも対処できそうですね

更新日: 2016年07月08日

bglovingさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
424 お気に入り 211792 view
お気に入り追加

「シャワーヘッド」にカビが…!?

毎日使っていてもなかなか気づきにくいところです

特別な掃除グッズは必要ありません。器に酢と重曹、お湯を加えシャワーヘッドを浸けます。半日浸け置きし、歯ブラシなどでこすってきれいな水で洗い流せば完了です。

今の時期は「新鮮な野菜」も注意!

野菜を土がついたまま保存するとカビが増殖する原因に。一番多いのは葉物。袋詰めでも土が下に残っています。

土がついたままの野菜は、土を洗い流して水気を切って保存するよう心掛けるとよいです。

「小麦粉」なども実はカビやすい…

常温保存であればほとんどカビは生えません。冷蔵庫に入れたことで結露が発生し、水分が原因でカビが発生したと思われます。

大きな袋に入った小麦粉を購入するよりもサイズの小さい小麦粉を購入し使い切っていく方が品質的には安心です。

使い続けてる「化粧ポーチ」も気をつけて

皮脂や化粧品の粉がとどまりやすい暗い化粧ポーチの中は、カビにとってはごちそういっぱいの居心地のよい場所なのです。

専用の除菌スプレーを使って汚れを拭き取るなどして、ポーチの内側もキレイに保つよう心がけると安心ですね。

「洗濯機」はカビてても気づきにくい…

湿度が高く、カビのエサになるものが多いため汚れが増えやすい場所です。しかも洗濯槽の裏側は表から見えません。手で掃除もできません。

洗濯機に8割水をため、過炭酸ナトリウムをいれ5〜8時間つけおきをします。汚れが出なくなるまで濯ぎ、ゴミを取って排水を繰り返していきます。

洗濯機の蓋は閉めきらずに開けておくこと。乾燥機能が付いているなら、週3回程度しっかり乾燥させましょう。

夏前に一度カーテンも洗うとベスト

見落としがちですが、カビは「窓」にも発生しやすいのです。これは、室内と室外の温度差により発生する結露が原因です。

1





bglovingさん

いろいろと、アンテナを張って動いています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう