1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

北海道「とうきびモナカ」

北海道では「とうもろこし」の事を「とうきび」と呼びます。

モナカはつぶつぶ感のあるとうもろこし型の細長く食べやすい形状のモナカを使用する事で見た目を楽しみながら、中身のアイスにはコーンパウダーを使用しほんのりと甘いとうもろこしの味わいを再現し楽しめる仕立てにしています。

一口食べた瞬間、とうきびの風味がパッと口の中に広がる。とってもクリーミーでコーンフレーバーをよく効かしたコーン味のミルクアイス

形もとうきびでかわいいモナカアイス!
味はクリーミーなコンポタっぽい味でなかなかおいしいです。
斬新な味ですが昔からあるアイスみたいです。

カツゲン…美味しい……こ、これが道民のソウルドリンクか!! そして…とうきびモナカ…クソうめぇ…クソうめぇよこれ!!なんだこれ!!予想外の美味さだよこれ!!!とまんねぇよ!!!ŧ‹"ŧ‹"(๑´ㅂ`๑)ŧ‹"ŧ‹"!!! pic.twitter.com/WViGhEzHIn

秋田「アイスドリアン」

え、ドリアン味のアイス?!
とびっくりしちゃいますよね。

でも実は、味はミルク味とアズキ味の2種類。

老舗小松屋の先代が戦時中にサイパンで食べたドリアンに魅せられて その食感を再現したのが
【アイスドリアン】なのだそうです。

やさしいやさしいミルクの味は、初めて食べてもなぜか甘~く懐かしい味。
夏の暑い日になどには、1日にナント4~5千本も売れるという
素朴な手造り、なのに凄い、アイスキャンディーなのです。

秋田 神岡道の駅で買ったアイスドリアン! 触感がドリアン(味は違う)らしいが、ドリアンを食べたことないので、その辺はよくわからず(^-^; pic.twitter.com/bo9VPLHJKs

冷凍庫アイスでいっぱい\\٩( 'ω' )و //✧ お母さんの実家、秋田の横手から取り寄せ!アイスドリアン!めっちゃうまい。 pic.twitter.com/iVQkR5Bb61

東北「ビバオール」

東北限定で販売されている、いちごクリームの美味しいアイス「ビバオール」。20〜40代の東北人なら子供のころ30円で毎日のように食べていましたが一度は販売中止に。

2004年、3/1。新潟にある菓子メーカー「セイヒョー」が、当時の製造元、しまかげ関係者の協力監修の下、ビバオールの復刻販売を開始した。

パッケージ、ロゴ等、当時のデザインを限りなく踏襲し、味も当時のレシピから完全復活させた。

一番好きなアイス『ビバオール』。 知ってる人いますか?(笑) pic.twitter.com/D6Ktywmt3c

四国「クボタのバナナアイス」

久保田食品は高知ではとても有名なアイスキャンデー、氷菓の会社だ。高知でアイスといえば久保田と返事が返ってくる。シェーア率が30%を超え、大手の食品会社を抑えている。

可能な限り高知産、あるいは国産の材料を使い、丁寧に手で下処理する。
香料なんかもバニラエッセンスよりバニラビーンズ。
カタカナの長い名前のような添加物は使わない。
もとめやすい価格。

等々、とても魅力的なポリシーを持つ会社。

チョコレートアイスのような濃厚なものからさっぱりシャーベットのような小夏アイス、昔懐かしいアイスクリンに、少し珍しいバータイプのバナナアイスまで、もうなんでもおいしい。

1 2 3





エンタメ・雑学を中心に気になったことをまとめます。誰かのお役に立てれば嬉しいです。

Twitter: http://goo.gl/Cx7VUJ



  • 話題の動画をまとめよう