1. まとめトップ
  2. カラダ

ヤル気が起きない…それ「無気力症候群」かもしれません

趣味や遊びはとても楽しいけど、仕事や勉強はやる気が全く起きない…こんな症状に悩まされている方は「無気力症候群」の可能性があります。

更新日: 2016年07月09日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
334 お気に入り 145083 view
お気に入り追加

■なんだか無性にヤル気が起きないことってありませんか?

やる気がでないからボケーッとしちゃって気づいたら時間がクソほど経っててびっくりする だからといってやる気がでるわけじゃないからまたボケーッとしちゃって時間がクソほど…

はぁ今日だめだこれ。やる気でない。そんな中勉強してもどうせ覚えらんないし寝る。

■それ、もしかすると「無気力症候群」かもしれません

何か特定のことだけに意欲がわかないなら、それは「無気力症候群(アパシーシンドローム)」かもしれません

■無気力症候群とは

無気力症候群とは、アパシーシンドロームと呼ばれ、特定の事柄に対して気力を失う症状のこと

アパシーとは一般的に「感情や興味の欠如」のことをさし、この状態が長く続くのが無気力症候群ということになります

■無気力症候群の特徴

無気力という名前からもわかるように主な症状は無気力で、そのほかに無関心や無感動、なげやりなど、心の動きが停滞している様子が特徴

勉強や仕事など、本来すべきである「本業」に対して、無気力になってしまう

無気力の対象となる事柄は学生の場合は学業、社会人の場合には仕事、といった「本業」に向いていることが多いと言われています

趣味や遊びに対しては関心を持って取り組むことができるため、誤解を生みやすい

無気力症候群で一番特徴的と言われているのが、「自覚症状がまるでない」こと

うつ病のような大きな精神的苦しみをもたないことから、本人も、また周囲の人もそれを精神的不健康という視点から考えていないケースが多い

■うつ病のようだけどうつ病じゃない

うつ病のように、本業だけでなく趣味や交友関係にも希薄になるということはありません

■こんな人が無気力症候群になりやすい

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう