1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

見づらいけどイイ。「ちょっと時計に見えない時計」たち

時計に見えないものから、時計が見えないものまで。

更新日: 2016年07月08日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
129 お気に入り 116473 view
お気に入り追加

◇ とても時計に見えない「時計」をあつめてみました。

▼ クシャクシャなベットシーツのような時計

まるでベットシーツのようにパッケージされた、一見時計には決して見えない、ファブリックをイメージさせるデザインが特徴となっています。

パッケージは布製品のように折り畳まれていて、好きなように折ったり、クシャクシャっと新聞紙を丸めるみたいに外観を潰すこともできる非常にユニークなデザインだ。

ピンと広げて見やすく、また一部をしわが寄ったままにしておくなど、好みの形にとどめておくことができるのも、この時計の魅力となっています。

◇ 針が湾曲した腕時計

ご覧のとおり文字盤も無いし、真ん中に無造作にグルグルグルグルグルっと巻いてあるプラスチック・チューブがあるだけ。所さんが冗談で作ってしまった腕時計風ですよね。

一見時計には見えないこのウオッチは、アクセサリーとして時計を楽しみたい人のためにデザインされたもの。ヒモがくるりと巻かれたデザインの針は短いラインが時針、長いラインが分針となり、その先の時間を示している。

◇ 幾何学的すぎる腕時計

結構な怪しさをかもし出せます。すんなり時間が読めるようになったらほぼ宇宙人レベル。読めない時計シリーズの中でもいい線言ってると思います。

◇ ロール紙にしか見えない時計

本体が回転し、時を刻みます。赤い針にあった数字が現在の時刻です。15分刻みの線で時刻を読み取ることができます。

ぐるりと横に回転するこの時計、時間は15分単位という大きめな数字で刻まれていきます。時計としての機能を求めるというよりは、ユニークなビジュアルがインテリアのポイントになりそうなアイテムです。

◇ 文字盤が曇っている腕時計

この時計のミネラルガラスの風防には特殊な処理が施されているため、ダイヤルと針はまるでヴェールをかぶったようにぼんやりとしか見えません。

息を吹きかけるなど湿気を与えることで曇っていたガラスが透過性を帯びる仕掛けとなっています。寒い雨の日や冬の日に結露した窓をキャンバスに絵を描くように。そんな子供の頃の思い出が蘇るような。

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう