1. まとめトップ
  2. カラダ

あなたは大丈夫?腱鞘炎の予防法をチェック!

パソコンやスマホを操作することの多い現代。ときに「なんだか手が痛いな……」と思うことはありませんか?それは腱鞘炎のサインかもしれません!腱鞘炎にならないためにはどうしたらいいのか?原因は何か?なってしまったらどうしたらいいか?これを読んで、あなたも腱鞘炎予防!

更新日: 2016年07月12日

27 お気に入り 9263 view
お気に入り追加

最近、腱鞘炎になる人が増えてる!

近年、パソコンやスマホの操作をする時間が長くなってきて、手に痛みを覚えたり、関節がだるく感じる……なんていう症状を抱える人が増えています。

筆者も最近、
パソコンのトラックパッドを操作していて、
小指がつるような感じがしたり、
なんとなくうずうずした痛みを指に感じることがありました。
(ツム◯ムのやりすぎか?)

今更ながらパズドラのやりすぎで腱鞘炎になりかけております

朝起きたら右手の親指の付け根が謎に痛いんですけど何か分かる方いますか… ばね指みたいな現象はないんですけど曲げる時と伸ばすときに痛みを伴います…

力が必要なキーボードを連日叩きすぎているせいか、指が痛い。Realforce All55gの罠である……打ちやすいんだけど、明らかに力がかかるからね。そろそろもう少し軽いのにしないとダメかもね……

そもそも腱鞘炎とは何か。

腱の周囲を覆う腱鞘(けんしょう)の炎症。症状として、患部の痛みと腫れがあり、患部の動かしづらさが見られる。

腫れたりすると大事ですね。

この腱鞘炎、最初はそれほど気にならない痛みでも、放置して悪化すれば、ちょっとした日常動作でも痛みを感じるようになってしまいます。
たとえば、ペットボトルのフタを開けたり、ペンを握るだけでも激しい痛みを感じるようになるんです。

さらには、その痛みはいつしか慢性化してしまい、最悪のケース、指や手首が動かせないほどの痛みとなって手術が必要になってしまうことも・・・!

動かせなくなって手術!
そんなことになる前に対策を行いたいものです。

何が原因なの?

腱鞘炎になる原因は複数あり一つに特定できるものでは無いようですが、自分の生活を振り返るとその中でもどれが特に症状を引き起こすきっかけになっているかわかると思います。


まずは考えられる要因を一つずつ見ていきましょう。

特定の原因は不明だが、指や手首など特定の関節を反復継続的に使うことによる前腕や手の腱鞘炎が多い。また、関節炎やけがなどから生じることもある。また、職業的にはコンピュータのキーボードを打つ職業や、ピアニスト、打楽器奏者などの演奏家、漫画家、作家などの筆記具を使う仕事などに従事する者の発症例が非常に多い病気である。

いろんな人に関係のある病気ですね。

スマホでの腱鞘炎は「スマホ使用時に利き手の親指(もしくは人差し指)を酷使すること」が原因となって発症します。

また、パソコンで長文をタイピングする際などは、両手の指10本を酷使します。

もちろんパソコンは、スマホほど特定の指のみに負担が掛かることは無いでしょうが、それでもキータイピングの時間が長いほど、腱鞘炎の発症リスクは高まります。

スマホに関しては特定の指ばかり使うのが良く無いようですね。

片方の手でスマホを持ち、反対の指で操作するより、
片手持ちの持っている手の親指でスマホを操作している人の方が腱鞘炎になりやすいそうです。


女性だと片手操作の人は多く無いかもしれませんが、
男性で、特に手の大きい方は小さなスマホに合わせて無理な指な動きを長時間してはいないでしょうか?

指を多く動かせば動かすほど、腱は腱鞘というトンネルの中をせわしなく動くことになります。
そうすると、その過程で、腱が腱鞘とこすれ続け、腱鞘が炎症を起こして腫れる場合があるんです・・・!

女性はホルモンの影響が原因のことも!

腱鞘炎の患者は女性が多いそうですが、
どうしてかというと、女性ホルモンが関係しているからです。

この女性ホルモンのバランスがくずれる妊娠出産期や閉経後になりやすいということで、気をつけるにしても難しいですが、少しでも異変を感じたら対策を試みてください。

一番は病院で相談することですね。

患者は女性に多い傾向があり、出産や更年期などでホルモンバランスが変化することが原因と考えられる。しかも、出産後の女性は授乳や入浴などで常に乳児の頭を手首で支えなければならず、更年期の女性は家事に親の介護などが加わり、腱鞘炎を発症しやすいというわけだ。

体の調子と外的要因が組み合わさることによって、より症状が出やすいといえそうです。

具体的にどんな症状が出るの?

手を酷使する人が感じる以上としては、主に痛みとしびれの2つがあります。

親指に痛みを感じる場合は、
狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

しびれを感じる場合は、
手根管症候群のおそれがあります。

さらに関節が引っかかるような違和感を感じるバネ指(弾発指)と呼ばれるものもあります。

親指を曲げ伸ばしすると痛みを感じます。


次の症状のいずれかに当てはまる場合、
ドケルバン病の可能性があります。

手首を動かすとだるい感覚がある

親指の根元あたりが腫れていて、押すと痛みを感じる

親指の曲げ伸ばしをすると強く痛む

親指が思うように動かせない

腱鞘炎は指に発症するイメージが強いことから、手首に発症するドケルバン病を見過ごしてしまい、悪化させてしまう方が多くおられます。
そのため、親指の根本あたりに違和感を感じている方は、以下のポーズをとってドケルバン病かどうかを確認してみてください。

以下のポーズをとったときに痛みを感じる場合は、ドケルバン病である可能性が高いです。

親指をこぶしの中に入れてグーを作る
親指側が上になるように、腕を前に伸ばす
手首を小指側(下方向)に曲げる

スマホを使用して発症するのはこのタイプが多そうですね。

手首付近の違和感ということで見逃しがちですが、違和感を感じたらこの病気を疑ってみてください。

親指、人差し指、中指、薬指(親指側)の手のひら側がしびれる症状です。

悪化すると親指の付け根の肉がやせ、細かい作業がしづらくなります。

手根管症候群が多く見られるのは中年以降の女性。家事や育児でよく手や指を使う、「働き者の主婦」に起こりやすいと言われています。また、パソコン作業などで手を酷使している方にも多くみられる症状です。

このしびれや痛みは、手首にある“手根管”というトンネルで“正中神経”が圧迫されることによって起こります。

頑張っている人ほどなりやすい病気というのは非常にタチが悪いですね。

どんな人でも適度に休むことはサボることとは違います。
健康や作業効率のためには休むことも必要と言い聞かせてください。

手の指を曲げたり伸ばしたりする際に抵抗があり、
ばね仕掛けのように動く症状をいい、
曲げ伸ばしの際、痛みを感じることがあるというバネ指。

慢性化すると注射や手術が必要になることも。

指の根もとなどにある腱鞘と腱に炎症が起きて重症化すると、曲げた指を戻すときに途中でひっかかり、バネのようにカクンと指が動く「ばね指」という状態になる。

なんとなく想像しただけで、指が気持ち悪くなってくるような症状ですね。

更年期の女性に多く、妊娠出産期の女性にも多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのも特徴です。糖尿病、リウマチ、透析患者にもよく発生します。母指(親指)、中指に多く、環指、小指、示指にもよくみられます。

腱鞘炎になってしまったら?

腱鞘炎の痛みが強く応急処置で痛みがおさまらない場合、セルフケアで1週間様子を見ても症状が改善されない場合は整形外科を受診しましょう。

病院の治療は次のステップで進められます。


薬物療法→注射→手術


腱鞘炎の治療のほとんどは、薬の処方と注射によって炎症をおさめる保存療法となっています。このほか整骨院やカイロプラティックでの物理療法を選択することもできます。

1 2





面白いこと大好き!
芸術、音楽、アニメ、ネット、ファッション、サブカルチャーなどなど。
自分視点で面白い記事を目指します!



  • 話題の動画をまとめよう