1. まとめトップ
  2. カラダ

プチ断食で痩せ体質に・・・1日断食から始めよう

家でゆったりプチ断食をしてみよう。その方法と効果とは?体内から綺麗に痩せて、心身共にリフレッシュをしましょう。

更新日: 2016年07月13日

144 お気に入り 30351 view
お気に入り追加

【プチ断食って・・・? 始める前に】

プチ断食は、「断食」とは違い、山にこもって水も固形物も取らない修行のようなものとはかなり違うものです。短期間の間、食べ物を控えることによって、内臓を休ませ胃腸のリセットを行い、美容効果と健康を促す効果があると言われています。

「食べないなんてすごく辛そう」「食べないなんて体力落ちて病気になりそう」そんな心配をしてしまいますが、1日なのでフラフラになることはありません(個人差はありますが)。

長期間にわたって食事を断つ本格的な断食に挑戦するのはなかなか難しいものですが、1~2日程度のプチ断食なら、どんな人でも気軽にトライできるでしょう。

プチ断食にはダイエットはもちろんのこと、体の本来の機能を回復させるなどの効果がありますが、やり方を間違えれば、健康を害する恐れも。
健康になれる正しいプチ断食の方法を知って、半日もしくは週末2日で、あなたの体を変えてみましょう!

プチ断食を行うことによって、いろいろな効果が体に与えられます。プチ断食をはじめる前には、必ずどんな効果があるのかをしっかりと知った上でプチ断食を開始すると良いでしょう。

断食は効果がある反面、精神的にも、肉体的にも、負担がかかるので、正しい方法で行いましょう。

※注意点

基本的に、心身ともに健康な人以外は、断食ダイエット修行を無理して行うべきではありません。
本来断食とは、心身ともに健康な修行僧が行ってきた修行の1つであり、健康回復や美容目的、ダイエット目的で行われてきたものではないからです。

■プチ断食のメリット

・継続したダイエットが苦手な方でも取り組みやすい!
・体重がすぐに落ちるため、モチベーションを保ちやすい。
・正しいプチ断食法を実践すれば、リバウンドを招きにくい。
・内臓を休めることにより、体質改善につながる。
・蓄積された脂肪の代謝を促す。
・蓄積された毒素を排出。

「痩せやすい身体」になるので、断食後に適度な運動を取り入れると、よりダイエット効果が期待できます。

■プチ断食のデメリット

・いくら「プチ」と言っても多少の我慢は必要になる。
・間違ったプチ断食法を実践すると栄養が偏り、逆効果を招く可能性も。
・肌トラブル、筋肉量の低下
・食事制限へのストレス、集中力の低下やイライラ

【1日断食】 初心者にオススメ

基本的には三日間で行います。
三日間といっても、三日間丸々断食をするのではなく、準備期間をとり徐々に断食へと入ります。そして徐々に元の生活に戻していく為の回復期間を取るので三日間です。
仕事の休みに合わせて週末に行う方が多いようです。

1日断食は、休日などを利用してできる、簡単なプチ断食。
1週間のうち、自分で決めた1日を、朝起きてから夜寝るまで、水分以外は一切何も摂らずに過ごす方法です。

48時間以上絶食する本断食より安全性の高い断食方法です。本断食はしっかりとした知識をもった人のいる施設で行うのが一般的ですし、プチ断食だと頻度を重ねる必要があります。

1日断食はお休みの日に1回すればいいので、ライフスタイルにも合わせやすく無理がありません。

■準備期間を設ける

1日断食は「1日だけ固形物を摂らない」という断食ですが、その日に突然思い立って実践するというのでは効果が出にくくなります。

1日断食のポイントは、お家でのんびり過ごすことです。週末のお休みなどを活用して、丸1日のんびりできる日をつくりましょう。

1 2 3





sango-brilliantさん

ちょっと始めてみました。まず、私が興味あることからまとめてみたいと思います。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう