1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

■涼しさを演出してくれる夏の野菜といえばミョウガ

ミョウガのさわやかな香りと歯ざわりは、和食の夏の薬味には欠かせない。

熱を冷まし、解毒効果があるので、夏バテに効果があり、薬味などにすると、食欲増進にも繋がる。

■この夏は、庭やベランダで育ててたミョウガが凄いことに…

ミョウガがたくさん収穫できた。数えたら37個もあった。北向きのベランダで、プランター3つで生やしているもの。 pic.twitter.com/jbPAtF2IDf

そういえば、今日母が庭で収穫してきました♪大量でびっくりw (*´ω`*)<ミョウガさん~♪ pic.twitter.com/MoeoQX7HQ5

いくつかベランダ菜園やってきたけど、ミョウガ収穫はなかなか嬉しい感じ。苗買った一昨年はもちろん、去年まで全く気配なしだったところ今年になってやっとポツポツ出来始めた pic.twitter.com/2atqtxYwpN

■ミョウガは日の当たらないベランダでもぐんぐん育つ

しかし、難しい野菜に挑戦しても育てるのに一苦労。せっかく種を蒔いてもなかなか芽が出てこないようでは、育てる気力も失くしてしまいがち。

1年目こそは目が出にくいらしいが、それ以降はどんどん芽が出てくる。

そんな中、ミョウガは日当たりが悪くても育つ。さらに植えてから収穫まで、ほとんど手がかからない。

■しかもその生命力が凄すぎる

生姜科の多年草で、地下茎で毎年何もしなくても決まったところに生えてくる。

ミョウガは生姜のように根が大きく膨らむことはないが、その代わりとてもたくさん増えていく。

春に植えると、ニョキニョキと葉を生やし、ヨコへヨコへと広がっていく。

毎年、冬には枯れるが、春になると自然と生えてくる。その量は毎年毎年増え、夏には収穫できるようになる。

■来年の夏こそ!育ててみたいなら日陰に苗を植えてみよう

スーパーで売っているミョウガは「フキのとう」みたいなもので、これを植えても根付かない。苗が袋入りで売ってるのでこれを買って植える。

湿度が高い環境を好むので、日陰で育てるのがポイント。芽が出はじめるまでは水やりを欠かさない。

■100円ショップでも売ってるミョウガの苗

最近の100円ショップ各店は何でもあるけど、ダイソーの園芸コーナーで茗荷(ミョウガ)の株(5センチくらいの根っこ)を発見。 植えてみた芽が出た(〃ω〃) 初年はほとんど収穫できないらしいけど、来年が楽しみ~♪ pic.twitter.com/9CJybOXKJL

1 2





kazooneさん

読書と映画で感動を日々発見



  • 話題の動画をまとめよう