1. まとめトップ
  2. カラダ

これはメモ!医師が教える「二日酔い対策」が超使える

蒸し暑い季節、どんどん飲んじゃって悪酔い、二日酔いになる。。これは試したい…!

更新日: 2016年07月14日

mirandooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2303 お気に入り 396976 view
お気に入り追加

つい飲んじゃう夏。医師がすすめるのは…

アルコール分解のために、枝豆、牛乳、ナッツなどを食べておくと、違いが出るみたい

血液中のアルコール濃度を薄める効果が期待できます。例えば肉の脂身、牛乳など

たんぱく質やビタミンなどを含む肉、魚、乳製品や野菜などをヘルシーな調理法で摂りたい

それはウソ!アルコール分解するために、タンパク質が良いってだけなんだとか。

牛乳の効果は胃ではなく「肝臓」で発揮されます。アルコールは肝臓で分解されますが、分解されるときにはタンパク質や脂質、ビタミンなどの栄養が必要

医者が飲んでいるのはコレだった

飲み会前でも、後でもOK!芸能人も持ち歩いてることが多く、林先生の番組でも取り上げられている

五苓散は二日酔いの特効薬。酒を飲む前に飲んでも良いですし、二日酔いになったあとに飲んでも良い。

まちゃみが紹介してた二日酔いに効くツムラ17番、五苓散。私も欠かせない! pic.twitter.com/hP7WA4Aj2n

飲酒中、名医たちはこんなこともしてた

交互に飲むことで血中のアルコール濃度が急激に上がることを防ぎ、悪酔い・二日酔い・むくみの予防に

「飲み合わせ」にも気をつけてる

アルコールとカフェインを一緒に摂取すると、カフェイン単独あるいはアルコール単独を摂取するよりも、さらに耐性を強めます

エナジードリンクなんてもってのほか…!

カフェイン飲料にアルコールを添加して摂取することは、避けるのが無難。酔い覚まし目的のコーヒー摂取にも注意すべき

“チェイサー”を頼むことをおすすめします。しかし、コーヒーや緑茶などカフェインを多く含んだ飲み物はNG

栄養士的にもNG!

相性の悪い材料や添加物による悪酔いしやすい飲み合わせのようなものがない、とは言い切れないところもあります

お酒のシメも気をつける!

カクテル派のシメは、スイーツだったり。悪酔いしないためには、フルーツにしておくのが良さそう

果物は水分、ミネラル、ビタミンなどを補給するし、果糖はアルコールの分解を促進します

おうちで飲み会やバーベキューするときにドライフルーツが用意してあったら、気が利いてるな~って思います

お茶漬けや温かいうどんなどはいいですよ。胃を温めて活動を活発にしてくれるし、消化もいいので飲みすぎた後にもピッタリ

1 2





mirandooさん



  • 話題の動画をまとめよう