1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

犬好きにはたまらない!犬をテーマにしたオススメ小説まとめ!

犬好きに読んで欲しい!犬愛を感じることができるオススメの小説をまとめました。

更新日: 2016年07月29日

sryamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
263 お気に入り 22422 view
お気に入り追加

★『デューク』 江國香織

クリスマスソングが流れる街で起きた奇跡。愛する犬・デュークが死んでしまった。悲しくて涙が止まらない私の目の前に現れた少年。晴れた冬の1日を彼と過ごした私が受け取ったメッセージは……。

「デューク」という短編作品がセンター試験の現代国語の中の物語文で掲載されました。ところが、作品に泣かされてしまって全く問題が解けなかった・感動しすぎて試験どころではなくなってしまったという事態がおこってしまったんです。

江國香織さんの「デューク」。何度読んでも泣けます。犬好きだからかなぁ。あんな短い小説なのに、なぜか泣けるのよね。江國さん天才だね。

犬を飼っている人はデュークを読んだら必ず江國香織さんに恋しますよ おすすめ

江國香織の「デューク」っていう話がすごく好き( ˘ω˘ )表現も綺麗で素敵だし、主人公目線で進んでいく話も面白いし、何といってもあっさりした終わり方がいい。あれほど短い中で感動する話はあんまり出会ったことがないよ…

★『ソウルメイト』 馳星周

犬とは人間の言葉で話し合うことはできない。でも、人間同士以上に心を交し合うこともできる。思わず涙こぼれる人間と犬を巡る7つの物語。

馳星周の「ソウルメイト」読了。七編で描く、犬と人間の心の触れ合い。チワワ、柴犬など、犬種ごとの短編というのが面白い。犬の一生を引き受ける責任感のある者だけが、犬を飼う資格があるのだと痛感。

馳星周『ソウルメイト』読了。涙と鼻水ででろでろだー!!犬好きにもそうじゃない人にもオススメ。バニ飼い号泣必至。 instagram.com/p/acdPuILvAU/

★『約束の森』 沢木冬吾

妻を亡くした元刑事の奥野は、北の僻地にある別荘の管理人を務めることになる。やがて明らかになる謎の“組織"の存在。一度は死んだ男が、愛犬マクナイトと共に再び立ち上がる。

命をかけて仲間を守る奇跡の犬:マクナイトに、子供のころ何よりも大切だった自分のワンコを思い出し、心揺さぶられる一冊でした。

「約束の森」はいい小説。特に犬好きにとっていい小説。

沢木冬吾『約束の森』読了。殺人事件で妻を亡くした、どこか影のある元公安部の刑事と人間に虐待され人を信用していない警備犬候補のドーベルマン。この設定だけで刑事物と犬好きの自分は読み始めましたが大当たりでした。刑事物としても家族の物語としても最高に面白い一冊だと思います!

犬好きにはたまんない小説でした。沢木冬吾の『約束の森』!警察小説なんだけど、組織外のはぐれ者や部外者や変態がわんさか出てくるのも楽しかったです。でもやっぱりこの小説の一番の魅力は「我が家の守護天使」ドーベルマンのマクナイトですね!

★『優しい死神の飼い方』 知念実希人

犬の姿を借り、地上のホスピスに左遷…もとい派遣された死神のレオ。死に直面する人間を未練から救うため、患者たちの過去の謎を解き明かしていくレオ。しかし、彼の行動は、現在のホスピスに思わぬ危機を引き起こしていた―。

知念 実希人の『優しい死神の飼い方 』 犬好きには溜まらない展開でした。

『優しい死神の飼い方』(知念実希人 著)読了。前半は心がほっこりと、後半は一転してハラハラドキドキする展開に。舞台となる「丘の上病院」の過去から現在までを描き、その間に起きた「ある事件」の解決をクライマックスにもってくる。謎解く名探偵はなんと犬。犬好き必読か!?

【読書】知念実希人『優しい死神の飼い方』光文社、読了。文章はテンポ良くて、小気味いい。死神である主人公が犬になって人間世界に降臨する設定。犬(死神)の目線から見た人間への皮肉。コミカルな部分とシリアスの部分を上手く使い分けていて面白い。 続編希望。

★『ウォッチャーズ』 ディーン・R. クーンツ

1 2





このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう