1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

転職サイトのスカウト機能を利用してガッチリ転職するためには?

上手に利用して転職戦線を乗り切りましょう!

更新日: 2016年07月19日

th_0611さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
135 お気に入り 22034 view
お気に入り追加

転職の武器は少しでも多い方がいい!スカウト機能をうまく利用しましょう。

一歩リードするための第一歩

スカウトメールを受け取ることは、数多くの人材の中から選ばれた証であり、転職活動をスムースに行うための秘訣です。

あなたの今までの経験が、違う業種、違う職種、新しい会社で必要とされている可能性があります。自分では評価していなかった経験が、違う会社では評価される事もあります。

スカウトされた企業に応募するメリットは、何といっても書類選考を通過する可能性が高くなること。

思いがけない業界・職種からのスカウトがくることもあり、転職の幅が広がるだけでなく、自分自身が他の企業からはどのくらいの評価をされるのか、といったことも掴め、転職活動をする上での参考にもなります。

スカウトにも適齢期がある

スカウトではキャリアやスキルが豊富な方が有利に思えますが、実際はそうでもありません。キャリアの乏しい20代前半の人でも、企業からオファーが来ます。

スカウトされる年齢は25歳から30歳までが最も多くなっています。特に28歳、29歳が断トツ。この年齢は経験も備わっていて、若さもあり、スカウトするにはもってこいの年齢とも言ってよいでしょう。
逆に35歳を過ぎるとぐっとスカウトは減り、スカウトはエクゼクティブに限られる

ある年齢以上になりますとマネジメント力も期待されますので、組織構成と役割、マネジメントしたプロジェクト規模なども1つのチェックポイントになります。

スカウトを想定してキーワードを。

企業の採用担当者は、募集広告に記載したキーワードを元に登録された履歴書を検索します。まずはこのキーワードが履歴書にかかれているかが第一のポイントになります。自分の言葉ではなく、企業が募集要項などで使う単語を使う必要があります。そして、検索にヒットした履歴書を見ていきますが、通常の応募された履歴書を見るのとは異なり、不特定多数の履歴書を対象にしていますので、短時間であなたの経験と職歴を理解してもらう事が重要です。

企業はスカウトする人材を探す際、経験職種や年齢、希望勤務地、年収などとともに、求めるスキルや資格などのキーワードを入力して検索します。つまり、企業が検索時に使うであろう検索キーワードをWEBレジュメに多く盛り込んでおけば、その分、企業の目に留まる確率が高まるというわけです。

レジュメを完璧に仕上げよう

過去の経歴入力でも簡潔でわかりやすく魅力的な内容を
記載しておくとスカウトにかかりやすくなる傾向があります。

企業からスカウトされる条件で重要な点とは、実務経験や資格や免許の有無です。さらに、前の企業での作業評価などを重要視

大切なのは、やはりレジュメの内容です。レジュメを丁寧に作成し、しっかりと自己PRすることが、転職サイトで企業にスカウトされる一番のコツです。

期待しすぎないこと!

企業が自動で送っているスカウトメールはいろんな人に大量送信されているので、本来の「スカウト」とは意味が異なります。
「スカウト」ではなく、ただの求人紹介と言っていいでしょう。

スカウトメールには、転職サイトに登録された情報をしっかりと見て、「この人が欲しい!」と思って送られるものと、一定の条件を満たした人全員に、宛名を変えて一斉送信したようなものがあります。

候補者の裾野を広げるために、ダイレクトメール化しているスカウトメールは珍しくありません。

期待できるかも!?

「面接確約」や「書類選考免除」といったスカウトなら、企業はあなたにかなり期待していると見ていいでしょう。

1





th_0611さん

お気に入り登録、ありがとうございます☆
男と女
ファッション
健康&ダイエット
事件 を中心にまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう