1. まとめトップ
  2. カラダ

快適な空間が原因!?熱中症のなりやすさは「2歳」で決まっていた

みなさん!今の子育て方法が、将来自分の子どもを熱中症になりやすくしているかもしれません

更新日: 2016年07月22日

canty0628さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
117 お気に入り 107684 view
お気に入り追加

7月も終盤になり梅雨も明けた

今年の夏は記録的な猛暑が訪れると予想されています。その暑さは54日間連続の猛暑日となる2010年の暑さに匹敵するといわれている。

こんにちは愛知は梅雨明けしました。今日は雲ひとつなく、暑いです皆さん、水分補給をしっかり摂って熱中症に気をつけて下さい。 pic.twitter.com/70bXFumtyQ

おはようございます。 東海地方も梅雨明け宣言! 又ジリジリ暑い日がやって来ます。 でも気温が高くてもハワイのように 木陰に行けばカラッとしているような夏がいいですね。 今日からお仕事のフォロワーさん ちゃんとリセット出来ましたか? pic.twitter.com/Nh0UeY53WE

気をつけないといけないのが熱中症

熱中症を防ぐには、しっかりと汗をかき、体温の急激な上昇を抑えることが重要です。

体温が高くなりすぎると、機械がオーバーヒートするのと同じように、体の機能もおかしくなってしまいます。だから自分で調節しようとする。

熱中症になりやすさは「2歳」で決まるらしい

2歳までにしっかりと汗をかくことによって、汗腺が機能するようになり、体温調節がうまくできるようになる。

あと昨日テレビで熱中症になりやすいか否かは汗腺の数に左右されるし、汗腺の数は2歳くらいには決まるって言ってた。手遅れ感ハンパない…

しかしクーラーが原因で汗が汗腺の少ない子どもが増加中

近年、エアコンが普及したことで、現代人は快適な環境に慣れてしまいました。その結果、「汗をかけない子供が増えている」

2歳半までに夏場にクーラー利いてる所でばかり過ごして汗をかかないと汗腺が増えないから、汗をかきにくい体質→熱が体外に逃げない→熱中症になりやすい体質、になるらしい。汗大事。

明らかに変わる汗腺の数

2歳半までにあまり汗をかかずに生活を続けると約150万個ほどしか汗腺は作られません。

ではどうしたらよいのか?

エアコンの温度は27℃前後で窓を開けて外気も混ぜたり、猛暑日の日は28℃に設定して過ごすなど、しっとりと汗をかける環境にしてあげましょう。

1 2





canty0628さん

気になることを「上質」なまとめとして発信していきます!似たまとめがあったとしても、他より「分かりやすく」「オリジナル」がモットーです。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう