1. まとめトップ
  2. 雑学

知らなかった…普通に食べているけど実は毒がある食べ物

普段は何気なく口にしている食材の中にも、意外と毒性を持つものは多いって知っていました?調理方法や食べ方を間違えると、体調に異変をきたしたり、場合によっては重篤な症状を引き起こしてしまう危険性もあります。

更新日: 2016年07月28日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
268 お気に入り 218726 view
お気に入り追加

■理研が「毒のないジャガイモ」の開発に成功

理研などの研究グループは、遺伝子編集により芽などの部分に毒がないジャガイモを開発した

遺伝子の組み換えを行ったじゃがいもは、土に植えると萌芽するものの、長期間保存しても芽が出ない

■皆さんご存知の通り、ジャガイモには毒性があります

発芽部分や緑色部分には有毒物質のソラニンを多く含みます

じゃがいもの毒のソラニンやチャコニンを食べてしまうと、吐き気やおう吐、下痢、腹痛、頭痛、めまいなどの症状が出てきてしまうことがあります

芽や皮などを取り除かずに食べて食中毒になる事例は度々発生している

■ジャガイモのように、毒性を持つ身近な食材は意外と多い

トマトの葉

りんごの種

りんごの種にはアミグダリンが含まれており、多量に摂取すると健康障害を引き起こし、場合によっては死に至ることもある

インゲン豆

生または加熱不十分なインゲン豆を摂取すると、激しい嘔吐や下痢といった急性中毒症状が生じる

ンゲン豆を食べる際には、通常の調理法である、十分に水に浸して戻した後、沸騰状態で柔らかくなるまで十分に加熱することが必要です

ふきのとう

ピロリジジンアルカロイドという肝毒性が強い成分が含まれていて、食べすぎると、肝臓の病気を引き起こすことがある

十分にあく抜きしないと肝臓障害やガンになる可能性があります

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう