1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

あの社長がマネジメントを学んだ3つの良書

有名社長たちはどこでマネジメントを学んだのでしょうか?そのヒントになりそうな、社長たちがオススメしていた本をまとめてみました。

更新日: 2016年07月25日

777 お気に入り 33608 view
お気に入り追加

全人生で一番学んだ本は「この一冊」

“経営とは目標から逆算して、その目標に到達するために考えられる限りのことをいいと思う順から実行していくことである”ということを学びました

僕が今日、経営者としてやっていけるのは、『プロフェッショナルマネジャー』から多くのことを学んだからです

コングロマリット経営で14年半連続増益を達成したITT社長であるハロルド・ジェニーンの経営本

経験に裏打ちされた、深い洞察、素晴らしいバランス感、そして合理的な厳しさに満ちた、すばらしい経営の本である

ハロルドジェニーン氏の『プロフェッショナルマネージャー』もすごく勉強になりました‼初めて読んだマネジメント本だったなぁー。と。#katsuma

作家では立花隆さんの文章は読みやすくて好きだ。ハロルドジェニーンのプロフェッショナルマネージャーは過去に読んだ中でも難しい。この位の本でもスラスラ読めるくらいにはなりたいものだ。1行1行の文がとにかく重い。まだまだ修行が足りない。未熟過ぎる。

人のうえにたつ人に、必読の書だと思う

「言葉によって人を導き、組織をつくるのがリーダー。この本は、日本のリーダーである歴代首相の答弁を緻密に分析した、私のバイブル的一冊です」

東条英機から小泉純一郎まで歴代41名の首相の演説・答弁の特性を分析している

それぞれの話し方の特徴や時代による変化をデータをもとに鮮やかに分析し、政治とことばの関係にあらたな光を当てる

【Reading】まだ最初の10ページぐらいを読んだだけだが,これは面白いだけでなく,役にも立ちそう。期待大!#fb 歴代首相の言語力を診断する 東 照二 amazon.co.jp/dp/4327376973/… @amazonJPさんから

部長や執行役員などになりたての人たちに凄くオススメ!

「ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメント」読了〜 この本は部長や執行役員などになりたての人たちに凄くオススメ! マネジメント論の基本を豊富なエピソードと共に解説。... fb.me/32tENkkTs

ウォール・ストリート・ジャーナルのワシントン支局長を10年以上務めた、アラン・マーレイの本。

著者のアラン・マーレイが、マネジメントという幅広いテーマの中から、グローバルなビジネス社会で通用するリーダーになるためのポイントをわかりやすく解説

マネジメントクラスになった時に、マネジメントの基本書を読みたいと思っても、なかなか良書を見つけられないという声を多く聞きます。そんな時に、お薦めしたいのが本書

ウォール・ストリート・ジャーナル ザ・マネジメント 代表的なマネジメントの本について平易な文章で体系的にまとめられており、それでいて筆者の意志もさりげなく一本「すっと」通っていて、良い本だと思います。翻訳がよみや ift.tt/1dCRUBQ

1





モダンライムさん

ららら~

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう