1. まとめトップ
  2. カラダ

コレめっちゃ楽。整体師が教える腰痛ストレッチ

やっぱりプロは違うわ~。

更新日: 2016年07月26日

ぴー助さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4723 お気に入り 243997 view
お気に入り追加

コレやるとめっちゃ楽になるらしい

【腰痛予防ストレッチ】 このストレッチをするようになってから「ぎっくり腰」にならなくなった、とのお声も頂いております。コツは「痛くなるほどやらず気持ちがいい程度に」です。 pic.twitter.com/9uSJiqPegj

「そういえば、このストレッチをするようになってから、ぎっくりになってないわ!」とのお声を頂いているストレッチです

事前に筋力と骨盤の位置を調整しておくことで、重たいモノを持っても腰へのダメージを最小限に抑えることができます!

腰ではなく、お尻の筋を伸ばすことが目的なので骨盤をなるべく床につけたまま、ひざを手でくるむようにして、軽めに引っ張ってあげましょう

布団の上でもテレビを見ながらでも、いつでもできます。部屋でゴロンと横になったときに習慣化できるようになれば、最高です

オフィスでもできる、座ったままのストレッチ

足を組み背筋を伸ばします、この時に大げさなくらい胸を張るのがポイントです。上に組んでいる足に手をひっかけて体を捻り息を吐きましょう

気持ちいい状態にストレッチできたら、必ず逆も同じように行ってください。片方だけを行うと左右のバランスが崩れてしまいます

3分25秒あたりから。他の方法も紹介されているので参考にしてみるといいかも。

イスに浅く座り片膝の上に反対側の踵をのせます。床についている側の足の膝裏を両手でつかみます

両手で上体を前に引きつけましょう。お尻が伸びているのを感じたら30秒止めてください。反対側の臀部も同様にストレッチ

首、肩の力を抜き、そのまま呼吸を続けながら10秒ほどリラックス。息を吸いながら、1つずつ背骨を積み上げるように、ゆっくりと上体を上げていきます

やってるかも?意外な所に落とし穴が…

腰痛リスクがもっとも高いのは、なんと横向き。正確には、左右の脚が離れて走っているような姿、腰をひねった状態の“ねじれ寝”

腰にゆがみが生じやすいのだとか

膝と膝の間と足首と足首の間に座布団などを挟みましょう。骨盤の歪みを防止出来ます

良くお客さんから腰が痛い時に、「揉んでも大丈夫ですか?先生」こんなことを良く聞かれます。その答えは、NOです!!!

痛みとは、筋線維が絡まった状態だったり切れている状態。その場所をグリグリと揉んだら、余計に切れたり線維が絡み合ってたりとひどくなる訳です

朝起きてすぐは筋肉や内臓が目覚めておらず、朝食をしっかりとると胃に負担がかかります。そのうえ、朝食で胃がふくれることが腰にとってよくないのだそう

起床後に時間をおいて朝食をとるようにし、お腹いっぱい食べないようにすればいいのだとか。

1





ぴー助さん

おしゃれなコトが大好きです~♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう