1. まとめトップ
  2. 雑学

なぜ共演芸人がブレイクするのか?内村光良に学ぶ、若手を育てる・伸ばす力。

ウッチャンの番組に出た若手芸人がブレイクしやすいのは何故なのか。「気分は上々」「笑う犬シリーズ」「世界の果てまでイッテQ」なでのヒット。内村光良を語る後輩からのいい話。若手を育てる為に、必要な人間力・プロデュース力がそこにはあった。「金メダル男」も公開となる、監督内村光良としての一面にも期待です。

更新日: 2016年07月28日

papuriaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 25888 view
お気に入り追加

内村光良という男

マセキ芸能社
生年月日: 1964年7月22日
生まれ: 熊本県 あさぎり町
身長: 169 cm

とんねるず、ダウンタウンと並ぶ「お笑い第三世代」と呼ばれている。

一体何がすごいのか!?

内村さんは共演者の人間的な魅力を引き出し、チャーミングに見せるのが非常に上手。共演した芸人と丁々発止とやり合うのではなく、一歩退いて彼らに場を与えてやる。気がつくと、視聴者は彼らのことが好きになっている。

じっくり芸人に光を当て、その内面からにじみ出る面白さを引き出していく、厳しくも優しい、芸人としての目があるから

内村の番組から、ブレイクした数々の芸人達

ウンナンの気分は上々。

左:改名前 右:改名後

『ウンナンの気分は上々。』では、バカルディと海砂利水魚を、負けたらコンビ名改名という企画で対決させた。

三村と大竹は「さまぁ〜ず」に強制的に改名させられたが、これをきっかけに世間の注目を集め、再ブレイクした。
上田と有田は、1度目は勝利したものの、2度目は敗北。「くりぃむしちゅー」に強制的に改名させられた。

コンビ名を変えさせてしまった内村は責任を感じ、自身のレギュラー番組などで積極的に起用し、不遇の時期を抜け出してブレイクする後押しをしたそうです。

笑う犬シリーズ

『笑う犬』シリーズでは、強烈な個性があったもののレギュラー番組には恵まれていなかった、ネプチューンを起用。個性的なキャラのコントを演じてブレイクしていった。

内村プロデュース

『内村プロデュース』も数多くの芸人を再生させている。

猿岩石ブーム』が去ったドン底を経験。そんな有吉に救いの手を差し伸べたのが内村だった。有吉も“猫男爵”などの奇抜な色ものキャラを体当たりで演じ、復活の狼煙を上げることに成功。

有吉によれば、自身の復活は正しく「内Pのおかげ」であり、「内Pで再デビュー」と言った気持ちでもあったという。

有吉は今でも内村を“プレミアム級にリスペクトしている”と公言しています。

ふかわりょう、、バナナマン、TKO,土田晃之

有吉に続き、ふかわりょう、、バナナマン、U-turnを解散した土田晃之、4度目の東京進出に挑戦していた、TKOたちも、内村の仕掛けによってブレイクのきっかけを得ている。

1 2





papuriaさん

海外サッカー好きです。いろいろ頑張ってまとめます!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう