1. まとめトップ
  2. ガールズ

明るくてオシャレ!ビタミンカラーを取り入れた夏の大人コーデ

夏は鮮やかなビタミンカラーを着たくなりますね!カラフルでもおしゃれな着こなしをまとめました。

更新日: 2016年08月04日

amasayaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
33 お気に入り 13307 view
お気に入り追加

夏の明るい空にビタミンカラーが映える♪

シンプルなワンピも鮮やかなビタミンカラーをチョイスすれば一気に夏らしい華やかな印象に!

夏はとにかく元気な色を着たくなりますよね!

ビタミンカラーとは、柑橘(かんきつ)類に見られるような明るいビビッドな色調の総称の事。

ビタミンカラーは女の子を可愛く元気に見せちゃう魔法のカラーです♡

夏は鮮やかオレンジで思いっきり元気に!

日焼けした肌にも合うオレンジは、どこか大人っぽさも出してくれるカラー。他の色と合わせてもごちゃっとしませんね。

オレンジのパンツをきれいに履きこなしています。バッグやシューズをブルーで合わせているのもステキ。

オレンジも黒と合わせるとグッと大人っぽくなりますね。

目立ちすぎ?!とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、大人だからこそ「ビビットオレンジ」が似合うのです♡

イエローならおしゃれでキュートな印象に!

とにかく元気でキュートなビタミンカラーと言えばイエロー!

実は、黄色は有彩色の中で一番明るい色なのです。見ているだけで心が弾んできて、楽しい気分にさせてくれるビタミンカラーです。

ブルーのスカートとも相性バツグン!

特にライトブルーはデニムの色を感じさせるので違和感なくどんな色ともマッチしやすいです。

逆にイエローをスカートに持ってくるのもオシャレ!

グリーンなら華やかながらも大人っぽく着れる

鮮やかなグリーンは涼しげで、華やかながらも大人っぽさも出せる色。

ワンピースや"マキシ丈スカート"は布面積が広いぶん、重い色を選ぶと野暮ったくなってしまうことがあります。

ネイビーのTシャツと合わせてメリハリを出してもステキ。

グリーンは、意外とどんな色とも合うんです!ベーシックカラーはもちろんのこと、原色を合わせてもしっくりくる!

ブルーやオレンジと合わせてもまとまっていますね。

「洋服にビタミンカラーを使うのは派手」と抵抗がある人には、小物で差し色として使うのがおすすめ。

こんな感じで小物を同じ色で統一しても◎。

意外とビタミンカラー同士で合わせても派手じゃないレッド!

1 2





amasayaさん



  • 話題の動画をまとめよう