1. まとめトップ
  2. ガールズ

要注意!マロ眉女子がやりがちな残念メイク法

マロ眉になっちゃうNGポイントを調べました( ¯•ω•¯ )

更新日: 2016年07月28日

314 お気に入り 440703 view
お気に入り追加

この時期急増している「マロ眉女子」

夏は、汗や皮脂のせいで、朝しっかり描いたはずの眉が消えて、「マロ眉」になってる!なんてことがあります

まずは眉メイク前の行動にNGが…

化粧水や乳液を鏡を見ずに適当に塗って、眉の上に乳液がついたまま気づかずメイクをすると、乳液の油分でメイクが取れてしまいます

そして、ベースメイクが完了した時点で、眉周辺の肌がベタッとしている状態で眉メイクをするのもNG

特にリキッドファンデーションは油分が多いので、その上に眉を描くと落ちやすいのです

肌のベタつきはズルズル滑って色ものりづらいらしい。。

眉メイクのやり方にも残念な傾向が

パウダーアイブロウでふんわり描いただけだと、少し手が触れただけでとれてしまうこともあります

パウダーアイブロウは自然に仕上がりますが、ペンシルアイブロウと比べると汗や皮脂で落ちやすいという特徴があります

パウダーのみの眉メイクは避けた方がよさそう。。

メイク後にお直しをしないのもダメ

眉が生えている部分は、意外にも皮脂分泌がさかんです。分泌された皮脂を放置すると、眉メイクがドロドロと崩れてしまいます

眉の辺りをクセで触るのもよくない

まゆ毛が消えやすい人の特徴にその辺りを触るクセがあります。(例えば前髪をいじるとか、無意識に掻いてるとか)

手には雑菌がついているものですし、触ってしまうとメイクが落ちてしまいます。できるだけ顔を触らないようにしましょう

汗をかいた時に、ハンカチやタオルで汗をぬぐいますが、その際に顔をこすってしまうと眉も落ちてしまいます

逆に「マロ眉女子」にならないコツは

スキンケア時には鏡を見ながら、眉やまつ毛の上にも乳液がつかないようにしましょう。少し注意するだけで眉が落ちにくくなります

1 2





レーモン大佐さん

酸っぱいネタ探してます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう