1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

これが足りない。生活感でちゃうダサ部屋の特徴

どんだけ断捨離しても、模様替えしても、生活感が消えない…。

更新日: 2016年07月29日

tiejiheさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
796 お気に入り 391362 view
お気に入り追加

部屋に生活感が出てると…ダサい

ほぼ片付けたのに生活感が消えない pic.twitter.com/0vBQEVWnSV

でも、どんなに片付けても、模様替えしても…。

でも部屋を片付けているはずなのに、なんだかいつも生活感があってインテリアがすっきり見えなかったり、雑然とした印象のまま

母が仙台から来るため1週間かけて掃除した。どんなに掃除しても生活感が消えない。

もう、どうすりゃいいのかわからん。。

なんで、「生活感」を消せないの…?

これが、片付けてあってもスッキリしない理由。

無意識に目線に入ってきた光景から、全体の第一印象が判断される

特に立っているときの「目線の高さにあるもの」から、部屋の第一印象を受ける

へぇ…見せ場がいろいろあると、散らかってみえるんだって。

部屋に入った瞬間、自然と「視線がゆく場所」を意識して整えると、効果的に“片付いた感”が演出できる

なるほど~、「視線を集める場所」を作ればいいのか。

人の視線をひきつけるところ(フォーカルポイント)を作ると、部屋に表情が出て、落ち着くと同時に見せたくないものが目立たなくなる効果も。欧米のインテリアを見ると、暖炉や絵画が上手に使われています。お気に入りのグッズを三角形を形づくるように置くのもよいそうです。

フォーカルポイントっていうんだね。

先日 ご縁があって プラスワンリビング ボンシックの編集長だった方の インテリア講座を受けてきました。我が家のリビング 最初に目に入るフォーカルポイントにテレビがあることが まずダメな配置だった‼︎ 連休は模様替えします

フォーカルポイントに配線だらけのテレビや、パソコン置いてない?

どこに視線を集めればいいの?

殺風景でない空間づくりのアイデアとして、みんなの視線がぱっと集まる部屋の中心になる場所「フォーカルポイント」をつくる

ドアを開けた瞬間に目がいく部分に、あなたのインテリアコーディネートのテーマが分かるものを配置しましょう

玄関ならドアを開けた正面、リビングならテレビ等を置く大きな壁面など

ドアから目に入りやすい場所でいいのか。

一つの部屋には、必ず一つはフォーカルポイントを作る。フォーカルポイントとは見どころ、視線が吸い寄せられる場所、みたいな意味。 例えばリビングで言えば、部屋の入り口に立った時、ダイニングに座った時、ソファに座った時、キッチンから見た時、にきれいな場所が目に入るようにするのです。

よくいる場所の目線の位置にしてもいいんだね。

「インテリア」で、ポイントに視線を集めよう

視線を集めたいポイントに、自然と目を引く「小物」を置く。

ドアを開けると、オシャレな家具が正面にある。

オシャレな家具や雑貨で、見せ場を作ってもいいかも。

ドアを開けた時、最初に目に入る正面の壁に絵を掛けたり、飾り棚を置いてその上に小物を飾ったり

1つの壁を違う色に塗る。そこに、アートや棚を配置する

必要最低限の家具に統一されたアートなモノを最小限飾る。

「アクセントカラー」で、視線を集めることも

緑系であわせたベッドとソファがポイント。壁掛けインテリアもオシャレ☆ pic.twitter.com/gc3DhZuHEc

色で、視線の集まるポイントを作ってもOK!

控えめな色の雑貨や家具が多く、色みを強い色があまり使われていなければ、自分の好きな、インパクトのある色をアクセントカラーに

部屋のメインカラーより、ちょっと濃いめの同系色が活躍

アクセントカラーは、目立ちすぎてもオシャレ感が出ない。

1 2





tiejiheさん

日常を大切にしています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう