1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

自分へのご褒美に!…今すぐ食べたい絶品「ポテトチップス」

これから始まるリオオリンピックを観戦しながら食べてもよし!の絶品ポテトチップスをまとめてみました。

更新日: 2016年08月03日

ラガモさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
271 お気に入り 53047 view
お気に入り追加

■ノースカラーズ「純国産ポテトチップス」

今や日本で無添加のお菓子を探すのは至難の業になってしまいました。

成分表示をざっと見ても、もう食品産業というより化学産業といわざるを得ないほど、実に多くの添加物が使用されたものばかり。

そんな中、ノースカラーズさんでは私たち消費者の健康を第一に、国産、無添加にこだわった安心のお菓子を製造しています。

夏のせいか、純国産ポテトチップス 柚子 が想定以上に売れています。 ちなみに、この柚子のイラストのポツポツは金属のするどいものを強くおして、へこませたものです。 northcolors.com/item1/%e7%b4%9…

甘いのが続いたので ちょっと塩分補給 今日の北海道はノースカラーズの『純国産ポテトチップス』です 道産じゃがいも100% オホーツクの塩100% 国産米油100%使用 化学調味料無添加です❤︎ おいもの美味しさ 生きてます pic.twitter.com/1JUZTFmoFc

ノースカラーズ@札幌の純国産ポテトチップス。国産100%、化学調味料無添加。派手さ無い味わいは素材の良さを堪能できる。 pic.twitter.com/qGpTTF1Pcl

■ソシオ工房「ポテトチップス」

濱田音四郎さんという方が、終戦後ハワイから帰国し、設立した‘アメリカンポテトチップ’という会社が製造して、“フラ印”として販売したのが始まり。現在はソシオ工房より販売。

ハワイで作り方を覚え、それを日本で製造、販売。まさにハワイ生まれ日本育ちのポテトチップス。

元祖ポテトチップスなのですが、味はいつも食べてるポテトチップスとほぼ同じ感じ。

塩と、昆布エキスパウダーで味付けされたシンプルな味で、パリパリととても美味しい。

パッケージの絵柄も発売当初の絵柄が使われ続けているそう。

ソシオ工房「フラ印ポテトチップス(うすしお味)」 油っぽくなく、カリカリの軽快な食感、程よい塩味であっさりと食べやすい。 派手さはないけど、じゃがいも本来の味を感じられる正統派のポテトチップスという印象。 うん、美味しいです! pic.twitter.com/J2WCsgfmwk

【美味い物情報】ソシオ工房 「フラ印ポテトチップス」 日本最古のポテトチップのブランド、 「東京スナック食品」という会社が製造していたが、 こちらがブランドを引き継いで作っている。 ギッシリ170g入って260円程と決して高くない。 pic.twitter.com/Waz4nNKBOB

@twi_delta 滞在先近くの終夜営業のマルエツで発見。「フラ印アメリカンポテトチップス」販売元ソシオ工房。 「フラ印のライセンスを受けて製造致しました」・・フラ印? pic.twitter.com/7W4jO1Lnme

■フクハク「ポテトチップス しお」

福岡では空港や主要駅でも販売されている程、有名なフクハクのポテトチップス(ポテトハウスのポテト)。

大量生産が出来ない手作りの厚切りポテトチップス。

このポテトチップ、結構厚みがあり、1枚1枚じゃがいもを丁寧に、愛情をかけて、スライスした感覚が残っている。

この1枚1枚丁寧にスライスした感覚は、食べてみると、じゃがいもの味がしっかりしていること、歯ごたえの良さから実感できる。

フクハクってとこのポテチがおいしすぎてヤバイ。塩味しか食べたことないけど、ほかの味もお取り寄せしたい。

北九州空港でもフクハクのポテチが買えたのは思わぬ収穫でした

福岡のフクハク(ポテトハウス)の手作りポテトチップス買ってきた。美味しそう!

1 2





ラガモさん



  • 話題の動画をまとめよう