1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

貧乏になるのはこんな人だった…専門家から学ぶ「貯金」のコツ

貯める気はあっても、思うように貯まらないのがお金の難しいところ。専門家が教える貧乏になりやすい人の特徴と貯金のコツをまとめてみました。

更新日: 2016年08月06日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
499 お気に入り 301847 view
お気に入り追加

▼お金持ちになりたーい!!!

唐突にお金持ちになりたいよね。ものすごく唐突に。

▼でも、なかなかお金が貯まらない…と言うか減って行くのが現実。

飲み会や女子会に出席する頻度を落とし欲しいモノだって我慢している。それなのに、給料日前になると思いのほかお金が減っている!

▼マネープランを立てても、実行しなければ貧乏になるよー!

お金の使い方、貯め方に計画性がなくても貧乏になるし、マネープランを念入りに立てたとしても、それを実行しなければ貧乏になります。

「お金持ちになりたい」と口で言うだけで、
そのための行動や学習をしていない

ライフプラン(人生計画)とマネープラン(財産計画)を作ることが目的ではありません。それらを実行しなければ絵に描いた餅のまま

□当てはまってない?実は、こんな人こそ貧乏になりやすかった…!

①ポイントやセールなど「お得感」に弱い。

セールや特売、ポイント〇倍デーに消費行動する人は余分な物を買いがち。ポイントを貯めることやいつか使うだろうという理由で買っていませんか?

貯めているプロセスを通り越してすでに
「貯め終わった自分」にフォーカスしている

②「限定品」「新製品」に弱い。

数量限定、季節限定、新製品などに釣られていませんか?「必要?使う?欲しい?」かを考えて!

流行を追いかけるために後先を考えずお金を使ってしまいがち。「限定だから」「最新だから」としょっちゅう物を買い替える

見た瞬間は買いたいと思っても、少し時間をおいて冷静になってみると「まぁ、いいか」と思えることもあるもの

③クレジットカードのリボ払いや分割払いをよく利用する。

クレジットカードは支払いを先送りにしているだけ。リボや分割にすれば利息がかかることもありますし、クレジットカードばかりを使用していると、実はお金を使っていないという感覚にさせます。

カードがあるから買い物は出来る。クレジットカードを多用すると実際に使った金額があやふやになって、使いすぎてしまいがちです。

「リボ払い」は、高貯金の人は6%しかYESがない。リボ払いは、引き落とされる額が毎月同じなので、ついつい使いすぎて、いつまでたっても返済が終わらなくなる人が多い

使い方によってはお財布の場所をとるだけになっていたり、
年会費がかかってしまって逆に損をしてしまっている場合もある

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう