1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

実話だから泣ける!オリンピック期間中に観たいスポーツ映画たち

2016年夏。リオデジャネイロで開催されるスポーツの祭典「オリンピック」。普段はスポーツをしない人であっても大会期間中はスポーツ熱が高まるものです。実話をベースにしているからこそ感動できるオリンピック期間中に観たいスポーツ映画についてまとめました。

更新日: 2016年08月05日

tosemoveさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
163 お気に入り 39806 view
お気に入り追加

▽勝利よりも大切なものを訴えた名コーチの実話を元に映画化

劇場公開日:2005年8月6日
監督:トーマス・カーター
キャスト:サミュエル・L・ジャクソン、リック・ゴンザレス、ロバート・リチャードダミアン 他

大学進学率が最低水準で、犯罪者となってしまう卒業生も少なくないという落ちこぼれ高校

この高校のバスケットボール・チーム、“オイラーズ”の成績もまた惨憺たる状態だった。

そんなチームを立て直すため、同校のOBでバスケの名選手だったケン・カーターが新任コーチとしてやってくる。

ボロボロの高校バスケットチームのコーチに就任したのは同校のOB、ケン・カーター。1999年に全米中で報道されたある事件を元に映画化されている。

アメリカ「リッチモンド高校」で起きたロックアウト事件は全米中に報道されました。

勝利よりも大切なものを訴えるカーター・コーチの熱きメッセージが、あらゆる人々の胸を打つ!

オリンピックとスポーツ映画? コーチ・カーター! コーチ・カーター! コーチ・カーター! #eigamote

そういやコーチ・カーター面白かった。アメリカの高校生、体バキバキでビビる。間違っても喧嘩してはいけない。

いやほんとコーチ・カーター観よ?青春のすべてが詰まってる... pic.twitter.com/qVdOhFMZYB

▽様々な困難を乗り越えながら迎える感動のラストシーン

劇場公開日:1994年2月19日
監督:ジョン・タートルトーブ
キャスト:マリク・ヨバ、ジョン・キャンディ、ダグ・E・ダグ 他

『クール・ランニング』は、ボブスレーがどんなものか知らない主人公たちがオリンピックを目指す、コミカルで感動的なスポーツ映画

1988年のカリガリー五輪の時に、実際に出場したジャマイカのボブスレーチームの話がベースになっている

雪を見たこともないジャマイカのボブスレーチームが、様々な困難を乗り越えカリガリーオリンピックを目指す。

集まったのはボブスレー経験のない陸上選手とその幼なじみ。

雪すら見たこともない主人公たちが、様々な困難を乗り越えながら次第に絆で結ばれてゆく

もうすぐオリンピックだよ! ということで今日の映研では某カツ丼学の先生もおすすめのクールランニングをみました。ジャマイカ人がボブスレーを!? 出来らあっ! という王道スポーツものなのですが熱くてよいお話でした。お父さーん!!!

映画クールランニングをひとことで言うと、 それ!それすぎてソリになったw 、で合ってますかね。

▽初の黒人大統領と弱小ラグビーチームの人種を超えた友情

劇場公開日:2010年2月5日
監督:クリント・イーストウッド
キャスト:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ 他

クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワールドカップを巡る感動の実話を映画化

南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。

94年、南アフリカ初の黒人大統領となったネルソンマンデラはチームと共に翌年開催されるラグビーワールドカップ優勝を目指すことに……。

27年間、監獄に囚われ、釈放されて南アフリカ初の黒人大統領になったネルソン・マンデラ

スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは、弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。

1 2 3





tosemoveさん

まとめを読んで頂きありがとうございます。個人的に気になったことを出来るだけわかりやすくまとめていきたいと思っています。



  • 話題の動画をまとめよう