1. まとめトップ
  2. おもしろ

なんかホッコリ。「動物たちの救出劇」がドラマ的

ヤバイ...素敵な話があってよかった

更新日: 2016年08月05日

MIYACATさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
50 お気に入り 87603 view
お気に入り追加

日本で起きた動物の「九死に一生」

沖縄県渡名喜村の呼子浜で5月30日、アオウミガメの救出劇があった。地域住民が発見し「ウミガメが身動きできなくなっている」と役場へ連絡した

アオウミガメは身動きが取れない状態で見つかり、村民の通報で駆け付けた村役場職員や工事作業員らによって救出された

大きなアオウミガメが、産卵のために自ら掘った穴から出られず、海へ戻ることができなくなっている様子だった

助かってよかったー!

体長140センチの大きなアオウミガメが6月17日、沖縄県渡名喜村の渡名喜漁港の消波ブロックに挟まり身動きが取れない状態で見つかった

産卵を控えたカメが、満潮時に港内の消波ブロックに誤って接近し、そのまま身動きが取れなくなったとみられている

狭い場所のため大人4人がかりでも持ち上げられず、漁港内で工事中の作業員に助けを求め、重機で砂浜へと運ばれた

深さ20mの井戸に落ちた

動物救助の専門家と村人が大がかりな救出作戦を繰り広げ、溺死の危機から生還させることに成功した

その救出作戦が凄かった!動画でどうぞ!

ヒョウの生息地の多くが森林伐採によって減少してるのが背景にあるみたい

ただでさえ縮小している野生動物の生息地に急速な開発の波が及び、動物と人間との間にトラブルが起きるケースが相次いでいる

診察の結果、ヒョウは4歳のメスで、健康状態に問題ないことが明らかになったので、野生に返された

とりあえず怪我がなくて安心したわ

このヒョウが降ろされた檻の意味をすぐに理解してなんとか飛び移ろうとするの、警戒心がないのか、それともこの人間たちは自分を助けようとしてくれているという確信があるのか、どっちにしてもすごい。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160804-…

おっちょこちょいなキツネ

数時間にも及ぶ救出作業でなんとか子ギツネを救出。びしょびしょに濡れ、泥だらけの姿でしたが希望に満ちた瞳を持つ子ギツネだ

泥だらけの子ギツネを綺麗にしてあげるためにお風呂に入れてあげ、それから親ギツネの元に返すために家の庭にそっと子ギツネを…

その親子再会シーンを含めた動画は下へ

親キツネとの再会シーンっていいね( ;∀;)

1





MIYACATさん

空いた時間で作ります。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう