1. まとめトップ
  2. カラダ

なにこれ怖い…その『肌トラブル』一生残るかも

なかなか消えない「クマ」「ニキビ跡」それ、ほっといたら一生残るかも…

更新日: 2016年08月06日

mamemamemさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
472 お気に入り 219692 view
お気に入り追加

『色素沈着』とは

肌は刺激を感じるとメラニン色素を生成して肌を守ろうとする防御機能があります。

メラニン色素を含む表皮細胞でバリア―ゾーンを形成し、DNAの破壊や皮膚癌の発生を、未然に防いでいる

めっちゃいいやつじゃん…!

過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こし、シミとなります。

守ってくれるだけでいいのに…(T_T)

そんなメラニンが増えてしまう原因は

紫外線によって過剰生成されたメラニン色素が肌に細胞に残り、肌色を暗くしている

いわゆる「日焼け」

色素沈着しやすいその他の原因は

洗顔やクレンジング、メイクなどで繰り返し肌をこすったりしていると皮膚が傷ついたり、場合によっては炎症を起こしたりします。

皮膚の薄い目の周りをごしごし擦り、それを毎日繰り返すことによってメラニン色素が異常発生する。

皮膚のバリア機能がもともと弱く、肌の免疫力が弱いため、外部のウイルスや刺激から守ろうと、メラニンの生成がしやすい

肌細胞を傷つけるため、この有害な活性酸素から肌を守ろうとして、生理的に肌がメラニン色素を過剰に作り出してしまいます

間違っても潰したりしないように!

一番大事なのは「ターンオーバー」

ほとんどが「表皮」にあるので、そこでターンオーバーが行われれば、自然と”アカ”となって体外に排出されていきます

お肌のターンオーバーが遅れると、メラニン色素が皮膚に残ってしまいます!

そんなターンオーバーを促進させるには

ターンオーバーは、化粧水など外からのケアも必要ですが、睡眠や生活習慣、食事などの内側からのケアも大きく影響しています。

お肌の新陳代謝は約6時間かけて行われるため、6時間以上の睡眠は欠かせません。

お肌のゴールデンタイムと言われる夜10時から2時まで熟睡しているのがいいそう!

すると血液の循環が悪くなり、さらに新陳代謝も悪くなり肌の調子もどんどん崩れてしまいます。

詳しいやり方はこちらをチェック!→https://moteco-web.jp/beauty/5588

1 2





mamemamemさん



  • 話題の動画をまとめよう