1. まとめトップ
  2. 雑学

自分を守ろう!か弱い女子が覚えておくべき「護身テク」

一個でも覚えておけば安心です

更新日: 2016年08月10日

861 お気に入り 164748 view
お気に入り追加

どんな悪い人がいるか分からない世の中

例年夏は、性犯罪被害が増加傾向にあります

雨で視界が悪くなり、暑さで薄着になる今の時期は、夜道の危険度がいっそう増します

護身術を知ることは、自信を得ることにも繋がります。自信は行動を呼び起こし、危機を乗り越える為の原動力となります

簡単な「護身術」を覚えておこう

男性最大の急所は「股間」ですが、このほかにも顔面、喉や首、みぞおち、肋骨、ひざ、手首、足首など、人間の身体にはいたるところに急所があります

急所を攻めることによって相手を怯ませ、危機から離脱します。しかし、急所を責める術は護身の為である事を理解しましょう

ポーチの中のアレが使える

少し余裕があるのなら、これを相手の顔に向かって思いっきり吹きかけてやりましょう。経験した人は分かると思いますが、あの手のスプレーは目に入ると凄まじく痛い!

本来、防犯用グッズではありませんから、相当接近した状態(約30センチ前後)で、直接目に吹きかけなければ、効果はありません

夜道、一人で歩くのが不安なときは手に持っておくと心強いです

ノドのくぼみを狙いペットボトルのキャップのほうで突きます。空手の技もノドを攻撃するものが多いのですが、人は普段の生活の中では「ノドを守る」ということを、ほとんど意識していないため攻めやすいからだそうです

前から抱きつかれた場合

お尻が地面に着くほど低くしゃがむと、相手の腕から体が抜けます。 これをゆっくり行っていては相手に再度抱きつかれてしまいますので、勢いよく行うこと!

反対に

持ち上げられそうになったら、体重を前にかけて、相手の足の甲を踏んでください。面で押すのではなく、ヒールのような点で押せればなお効果的です

ヒルんだ隙に全力で逃げてください

目潰しではなく「バラ手」が効く

下手に殴って怪我するよりも、指を開き(空手ではバラ手と呼ぶ)、手の裏側で相手の顔面を叩いて眼つぶしをすると効果的で指を折りにくい

相手は痛み&目がチカチカするので、その間に逃げてください

自分の身は自分で守れるように

起こりうる被害を想定して、そのような事態にならないようにイメージトレーニングをしています。なんか面倒だなって思ったあなた、でもこれってすごく簡単で当たり前の事

1 2





saki-saku-sakeさん

おてやわらかに



  • 話題の動画をまとめよう