1. まとめトップ
  2. カラダ

チェックしときたい!ダイエットにありがちな「勘違い習慣」

最近の研究で色々変わってきてたりして、知らないうちに「ダイエット勘違い」が起こってるかも。。

更新日: 2016年08月09日

mirandooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
493 お気に入り 306364 view
お気に入り追加

勘違いしてる人が多いのが

一日のうちの食事がほとんど野菜中心の生活という方は、栄養が偏り、痩せるのに必要な成分が足りていないかもしれません

野菜だけで痩せられない理由は、野菜にはビタミンB群が入っていないことです。

ビタミンB群=玄米や納豆などは、脂肪や糖質をエネルギーに変えるのに必要なんだとか!

やっぱり健康的に痩せるのが1番 胸小さくなるの嫌だしね☝️ 玄米/納豆/ほうれん草と豆腐の味噌汁/きゅうりのごま塩和え/キャベツのサラダ #今日からダイエット#朝食#野菜中心 pic.twitter.com/roguum4oU5

野菜だけでなく、タンパク質や炭水化物も大切でした

グラノーラだけでなく「ごはん+グラノーラ」だったり、「おやつ」として食べる人も多いらしい…

「グラノーラは食べるだけで痩せる」と思い込んでいる人がいます。しかしグラノーラ、思っている以上にカロリーが高いのです。

逆に太ってしまった…!という失敗の原因は、食事にグラノーラを足していたり、おやつとして食べているケースが多いそう。

「飲み物」にも、注意が必要!

排尿と同時に熱も体外に出すため、一時的に体温が下がります。薄めのコーヒーに、牛乳(タンパク質)を少し入れて飲むと改善されます

排尿作用のあるカフェインは『冷え』に影響するそう

体温が下がると、基礎代謝が下がり、太りやすい体質にもなってしまうんです!

「カロリー」を気にするのは、もう古い

太る原因は、「カロリー」だけじゃない。デブ菌を減らすことが大切。

近年はカロリーの数字だけを重視するのではなく、食べる内容(質)であるとか、食べるタイミングなどのテクニカルなダイエット方法や、その根拠が明らかになってきています。

太るのはカロリーだけが原因ではありません。腸の中にヤセ菌とデブ菌がいることが最近の研究でわかり、ダイエットの成功を左右する

「食べ方」の勘違いも

おやつは食べちゃダメなイメージが多いけど、賢く食べる分にはむしろ必要でした

食事と食事の間を4時間以上あけないため。お腹がすくとグレリンというホルモンが活発になり、脳が「食べなさい」というサインを出します。

おやつにナッツを食べるとお菓子に比べゆっくりと血糖値が上がるため、脂肪になりにくくなります

ポテチとかではなく、ナッツが体に良いそう

ダイエット中によく聞くこのセリフですが、実は「美味しい」と思った方がダイエットになるんです

五感を使い「おいしい」という刺激を脳が受け取ると、ノルアドレナリンが分泌されてエネルギー消費が高まることがわかっている

(京都大学大学院農学研究科の河田照雄教授らのコメント)

「食べ物以外」の勘違いも多かった

極端な糖質制限の場合、長続きしにくく、リバウンドしてしまうケースが多い

体への負担を考えると、1週間にマイナス1kgが最大数値。それ以上落としてしまうと、90%以上の確率でリバウンドする

1週間に0.5kgずつ減らしていくイメージが良さそう

1 2





mirandooさん



  • 話題の動画をまとめよう