1. まとめトップ
  2. カラダ

すぐリフレッシュ♪顔のパーツだけでやるヨガが気持ちいい

ふつうのヨガより簡単にできるのがいいですね

更新日: 2016年08月09日

佐和子さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
612 お気に入り 74711 view
お気に入り追加

目が疲れてきたら「目ヨガ」!

一日中パソコンとにらめっこしているうちに、目が乾いたり、痛くなったり、かすんだり……。

現代人の目は、近くの狭い範囲をずっと見ていることが多いため、目も適度に運動させて血流を良くしてあげることが大切です。

最初に息を吐きながら真上を見る。この状態を20〜30秒保ちます。

「目線を動かして10秒キープし正面に戻す」を上→右上→右→右下→下→左下→左→左上のぐるっと一周おこないます

目の周りには、眼精疲労やまぶたのむくみを改善するツボに加え、体内のはたらきを活性化させる部位があります。

ヨガの先生から、両手をこすりあわせて目を温める方法も教わりました。デスクワークの合間にも気軽にやっています。

冷えが気になる人は「耳ヨガ」

耳ヨガとは、耳を引っ張りながら耳の固くなっている部分をほぐしていくヨガのことです。

耳のマッサージは全身の血行促進につながるため、顔色を良くしたい時や体を温めたい時などに効果的です。

息を大きく吸って吐きながら、耳たぶを下に引っ張る、耳の横を引っ張る、上に引っ張る…と、とにかく耳をいじくりまわすのが耳ヨガです。

ほぐす順番には特に決まりはありません。これなら、テレビを見ながら、湯船に浸かりながらもできますね。

頭をすっきりさせたいなら「鼻ヨガ」

ちょっと疲れてるな…という時におすすめです

左右の鼻の呼吸の違いについて現代の医学でも研究されており、どうやら自律神経系に影響があることがわかってきているようです。

右手の親指で右鼻をふさぐ、左鼻で息を吐ききります。左鼻で息を吸い、左鼻をふさいで、右鼻で息を吐ききります。

ヨガの呼吸法には、リラックスやストレス緩和の効果があるので、うまく取り入れることで睡眠の質を高めることができるんです。

パーツを刺激することで、体内のめぐりをよくすることができます。ぜひ活用してめぐりの良い身体を目指してくださいね。

1





佐和子さん

お風呂上がりにアイスがやめられない。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう