1. まとめトップ
  2. カラダ

これはメモ。ファストフード店の“太りにくい”食べ方

ダイエット中だけど、ファストフードの無性に食べたい日もあるよね…。

更新日: 2016年08月14日

loadtypeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
570 お気に入り 257872 view
お気に入り追加

太りにくい食べ方があるらしい。

ハンバーガーは手で素早く食べられるので「噛む回数」が減り、なかなか満腹感を感じられない

食べるのが早いから、実際にはお腹は満腹になっているはずなのに、食べる必要がないはずの分まで食べてしまう

ハンバーガーが一気に食べれちゃうんで…つい。

ハンバーガーにフライドポテトをセットにした途端カロリーは高くなり、栄養バランスはガクンと崩れる

セットでついてくるポテトやジュースの代わりにサラダやスープ、野菜ジュースやミルクなどに変更してカロリーを抑える

量の少ないオニオンリング&ポテトのセットであればギリギリセーフといったところ

どうしてもポテトが食べたい時は、Sサイズに。

よりお腹に合ったメニューで、満腹感を得ること

カロリーだけでなく、低脂肪・高タンパクなメニューを選ぶこと

「カーネルクリスピー」は、一本あたりのカロリーは130kcalと、ケンタッキーの中ではひかえめで、3本食べても400kcal以下

悩んだときはチキンフィレサンドよりオリジナルチキン。フライドポテトよりカーネルクリスピー。ツイスターよりレッドホットチキン

オリジナルチキン・カーネルクリスピー・レッドホットチキンは、糖質(炭水化物)が10g以下。

ライスバーガー(彩り野菜のきんぴら)は、低脂質。通常ハンバーガーは、1個あたり脂質10g~20g程度含まれるが、これは脂質3.4g

『菜摘(なつみ)』は具材をパンでなく、この時期が旬のたっぷりレタスで包んでいる。味も7種類あり250kcal以内のラインアップ

※『菜摘(なつみ)』は、期間限定なのでご注意を。

「甘い」ドリンク類を、足さないこと

暑い今の季節、食事でも甘いドリンクを飲みすぎちゃうから気を付けて。

シロップの入った甘いコーヒー、シェイク、炭酸飲料は避ける。シェイクはハンバーガー並み、甘いコーヒーや炭酸は100kcal超え

おすすめは小さいサイズのホットティー。少量で満足しますし、体もあたたまり過食も防げます

最初に温かい飲み物を飲むと、胃が落ち着いてくれるよ。

食べ過ぎないように、自分でルールを決めておく

サイドメニューはサラダ、ドリンクはSサイズ、ハンバーガーは300kcal以下のメニューにするなど、自分でルールを決める

野菜たっぷりのフレッシュバーガーや、腹持ちの良いライスバーガーを1個、付け合わせはオニオンリングとポテトのセット、ドレッシング少なめのサラダ

自分でセットを決めておけば、食べ過ぎも抑えられます。

ダイエット中は、自分をちょっと甘やかす「外食」の際に、できるだけ身体に良く効果的な一品を選ぶこと

セットにせず、単品でプラスするのもコツ。

1 2





loadtypeさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう