1. まとめトップ
  2. カラダ

逆に太るかも…「夏」のダイエットこそ注意した方がいいみたい…

夏はダイエットの季節!なんて張り切ってダイエットを頑張っている女性は多いですよね。でも、夏だから、夏こそ注意したいダイエット法があるようなのでまとめてみました。

更新日: 2016年08月15日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
139 お気に入り 216374 view
お気に入り追加

▼夏休み太ったー!デート前に痩せなくちゃー!

夏休みはいって、もう3キロ太った 海とか行ける状態じゃない

彼に会うまでに何としてもあと2kgは落とすぞ!目指せ52kg!

▼太ったからすぐ痩せたい…そう思うのは自然なことだけど。。。

やっぱりちょっとでも増えてるとショック。。。
出来れば早く、そしてラクに痩せたい!

デートまであと1週間、南の島へ旅行で水着を着なくてはならない、結婚式までにやせなくちゃ、、ダイエットの理由は様々

▼でも待って!暑い夏だからこそ、ダイエットには注意が必要です。

まだまだ暑い日が続くこの時期だからこそ、
ダイエットにも色々と注意が必要です。

「短期間で大幅に体重を落としたい!」とダイエッターなら誰もが願うもの。ただし、そこには危険や落とし穴がいっぱいです!

「ダイエット」は女性にとって永遠のテーマですが、特に露出度が高くなる夏はよりダイエットを頑張る人が多くなるでしょう。
しかし、夏のダイエットには気を付けたいこともたくさんあります。

□夏だから…夏こそダメ!やってはいけないダイエット法って?

・太るから…むくむから…の理由で水分を摂らない。

夏は汗が出るし、水分は太るし、むくみそう…。
そんな理由で水分を控えていませんか?

ダイエットや美容を望んでいる人に、水の摂取が勧められているのは、水が身体機能を健やかに保つ上で重要だからであり、水が足りない状態では、せっかくのダイエットが空回りしてしまう

水分をしっかり取らないと、カラダの老廃物が体の中に溜まってしまいます、そして排出されないまま残った、老廃物が脂肪に変化をし、「悪玉脂肪細胞 セルライト」 になる

・その逆で水分を大量に飲むダイエットもダメ!

大量に飲めばいいってもんでもありません。
水中毒は、疲労感や頭痛、嘔吐などの症状を引き起こしますが、悪化するとメンタルにも不調を来す恐れがあると言います。

過剰な水分摂取は大量の発汗につながり、それによって体内から塩分が奪われてしまい、バランスが崩れてしまいます。
酷くなると、“水中毒”を引き起こす可能性もあります。

せっせと必要量以上の水を飲むことで、腎臓の処理能力を超えてしまうと、その水分が体内に留まり、細胞が膨張し、
その結果、低ナトリウム血症を引き起こしてしまいます。

冷たい水を一気に飲んでしまうと内臓など身体の中を冷やしてしまい代謝を悪くしてしまったり、体調を壊してしまう原因にもなります

・「とにかく食べない」そのダイエットはもっとも危険!

とにかく食べる量を極端に減らすダイエットを夏場に行ってしまうのは危険!

外気温の上昇により体力が落ちやすいところへもってきて、身体が必要としている栄養素の摂取をストップさせてしまったら?もちろん体力は落ちますし、病気に対する抵抗力や免疫力も下がります。

夏の暑い日はからだに疲労がたまりやすく、さらに栄養が不足すると暑さに耐えることができず、体調を崩しやすくなります。

・過酷な運動によるダイエット。

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう