1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

す、すごい。斬新すぎて「部屋にはちょっと置けない」チェアたち

でもやっぱり欲しいかも・・。

更新日: 2016年08月14日

hakyunaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
154 お気に入り 118048 view
お気に入り追加

▼ このチェアのアイデア、すごすぎる・・!

◇ ダンボールむき出しのチェア

フランク・ゲーリーがデザインしたビーバーチェアは、ダンボールをむき出しのまま使った斬新な作品だ。

それまで椅子の中身として使われることはあっても表面に持ってくる素材じゃなかったダンボールをむき出しに、しかも全面にアピールした作品

◇ 子供でも簡単に動かせるチェア

子供が楽しく遊べるようにデザインされたチェアです。

イスにタイヤとハンドルを付け、子どもが簡単に移動させられます。自分が座りたい場所、たとえば陽があたる場所にこのイスを運んで読書したり、ぬいぐるみを乗せてピクニックしても楽しそうです。

最低限の素材でプロダクトとしての機能を発揮しながら、ワイヤーと車輪のカラーリングもあいまって、子どもも大人も好奇心をかき立てられることだろう。

◇ 作れそうで作れなさそうなダンボールチェア

「The Re-Ply Chair」は、段ボールをカットして作られたリクライニングチェアー。

脚以外は1枚の段ボールで作られており、耐久性はもちろんのこと、紙素材ならではの軽さも兼ね備えている。

ダンボールを4層に重ねて作られた『The Re-Ply Chair』の強度は、いわずもがな抜群。なおかつ座りやすいよう角度を調節することまでできちゃうという、優れた側面も持っています。

段ボールの柄そのものを楽しむもよし、ファブリックを貼り付けるもよし。カスタマイズ性の高さも特徴の一つでしょう。

◇ 大きな水滴のような涙椅子

この椅子に使われている素材は、厚み0.3mm のビニールと水のみ。

人が一生で流すと言われる、64リットルの涙を水で表現したユニークなアイデアで、見えないものを可視化した画期的なプロダクトデザインです。

この極めて薄い素材が、水に直接座っているかのような不思議な感覚を楽しませてくれるとのこと。

また、水滴は自然のレンズでもあり、上から覗き込めば違う世界も楽しめるみたいです。

涙の量という見えなかったものを形にすることにより、人の一生が無数の喜びや悲しみでできているということを知ることができ、また、まるで直接水に触っているかのような、貴重な感覚を味わうことができるのも特徴。

◇ 全てがフェルト素材のチェア

1 2





hakyunaさん

おもしろいネタから雑学まで、関心を持ったものをまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう