1. まとめトップ
  2. ガールズ

いま注目したい!かわいくて個性的な新進気鋭日本人デザイナーブランドまとめ

価格も手が届きやすくて個性的でかわいい!だから日本のデザイナーブランドが好き!

更新日: 2016年08月16日

ilovepradaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
412 お気に入り 74253 view
お気に入り追加

誰よりも先にチェックしてみんなと違う個性的なものが着たい!

▼AKIRA NAKA

デザイナー/中章
アントワープ王立芸術アカデミー在学中にイエール国際フェスティバルに選出され、その後アントワープでニットデザイナーに師事して2006年帰国。
2007年、自身の初となるブランドでもあるPOESIE(ポエジー)をスタート。
2009年春夏コレクションから、ブランド名をAKIRA NAKA(アキラナカ)に改名。

HP:http://akiranaka.com/index.asp

デビューから数シーズンは、ニットと織物を融合させた「グラデーションニット」などを多用して強い女性像を打ち出していたが、コンセプトをチェンジ。

ブランドの方向性を大きく見直したきっかけは、2011年の東日本大震災で、僕たちはデザイナーとして何が出来るかということを考えました。
その時に、自分たちの表現ではなくて誰かの為にデザインし、社会の価値を生むようなクリエイションをしようと思ったんです。

▼CHIKA KISADA

デザイナー/幾左田千佳
幼少期よりクラシックバレエを学ぶ。バレリーナとしての公演活動等を経て舞台芸術の創作に携わる。
2007年、レキサミ(REKISAMI)を立ち上げる。
2014年、チカ キサダ(Chika Kisada)をスタート。

HP:http://www.chikakisada.com/

デザインをする時の一番のこだわりポイントは、着用時の着心地です。
顔立ちがきれいにみえて、身体がきれいにみえる、女性が作る、女性ならではの、
女性の為の美学や着たときの高揚感などは特に考えるようにしています。

「瞬間を切り出す」と、言いましょうか。
人が着ることが洋服の最終着地なので、
動きを感じるもの、日常着が風になびくことで、きれいにみえたり、ドラマティックにみえるように。

二階堂ふみさんがビストロスマップ出演時に着用されていたのが、Chika Kisadaのハーネス付きワンピース。

▼Soierie (ソワリー)

デザイナー/杉原明子
ビンテージショップでアクセサリーの修復士として修理やメンテナンスを手掛けながら、独学でジュエリーデザインと制作技術を身につける。
2009年ソワリーをスタート。
ブランド名のSoierie(ソワリー)とは、フランスの絹の産地名。
古いパーツを使って現代的なアクセサリーを作る事から、「時を紡ぐ」をコンセプトに生まれた。

HP:http://soierie.net/

オートクチュールがまだ盛んだった1930年代~のデッドストックパーツやヴィンテージパーツを使用したアクセサリーブランド。
長い年月を経たクオリティの高いパーツが、現代のデザインと合わさる事で生まれる変わる魅力が最大の武器。

スタッフブログから
ブログの画像がとてもおしゃれで重ねづけの参考になります。

▼Tsuru by Mariko Oikawa

デザイナー/オイカワマリコ
2003年、ルールに縛られない靴を作りたいという思いからブランド設立。
日本を象徴する鶴のブランドマークには、美しい羽で世界中に羽ばたいていきたいという願いが込められている。

HP:http://www.tsurujapan.com/

“脚を入れた瞬間に心が喜ぶ”“夢のある世界”という思いを込めて、女性たちに美しいシューズを提案している。

1 2





ilovepradaさん

がんばります。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう