1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

【戦争映画】これだけは見ておきたい!厳選7本

これだけは是非見てほしい戦争映画をリストアップしてまとめました!

更新日: 2016年08月17日

Qromaloonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
208 お気に入り 76423 view
お気に入り追加

。第二次世界大戦時のノルマンディー上陸作戦を舞台に、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちのストーリー。監督はスティーヴン・スピルバーグで、主演はトム・ハンクス。救出されるライアン役をマット・デイモンが演じている。

戦争映画としての出来栄えならプライベート・ライアンだな。戦車好きならフューリーは必見。 8月15日に見ておきたい、戦争映画5つの傾向と対策 nico.ms/nw2341944 #niconews

プライベート ライアン観て、思うのは、絶対にノルマンディー上陸作戦に連合側で参加したくないということ。 そんなんなら真珠湾攻撃のアメリカ側のがマシ。

プライベートライアン、すごかった。戦争映画苦手だから・・・つって避け続けてきた過去の私よ・・・

プライベート・ライアンは全人類死ぬまでに観るべき価値あり

原作者中沢啓治が、漫画や実写映画では描ききれない原爆の実情を表現したいとの意図で一部私財を投じて製作され、一般公開された際には大きな反響を呼んだ。

戦争の怖さ伝えたいならはだしのゲン見せればいいと思うで

はだしのゲンであったり、ジブリの火垂るの墓であったり、当時の出来事を忘れ去られないように心掛けて生きて行かなくてはいけないんだという事ですね。かといって、日々仕事に負われる現代。そういう記憶が薄れてきてしまっているのでまた見直す必要がありますね。

主演は岡田准一。第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞受賞作品。

まだ永遠の0は美化とか言ってる奴いるのか・・・・あれのどこが美化なんだよ・・・

兵庫県神戸市と西宮市近郊を舞台に、戦火の下、親を亡くした14歳の兄と4歳の妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするが、その思いも叶わずに栄養失調で悲劇的な死を迎えていく姿を描いた物語。

ジェダイト:火垂るの墓を見て、カーテンにくるまって泣いていた俺と、ソファー殴りながら号泣していたネフライトと、それを楽しげに見ていたクンツァイトとゾイサイト(この二人が見せた)を思い出した。結果俺は「ホタル」という単語で思い出し泣き出来るレベルでトラウマになった。

私は戦争を知らないけど、毎年火垂るの墓を見て、戦争は絶対に許されないと素直に考えさせられます。誰の幸せにもなりゃしない。

となりのトトロのキャッチコピー、「忘れものを、届けにきました」のは同時上映された『火垂るの墓』との共通コピーである。【となりのトトロ】【火垂るの墓】

『父親たちの星条旗』(Flags of Our Fathers)に続く、第二次世界大戦における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた「硫黄島プロジェクト」の日本側視点の作品である。

1 2





Qromaloonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう