1. まとめトップ
  2. 雑学

《栄光のメダルまとめ》 リオ オリンピックと過去のメダルの違いが面白い!

2016年リオ五輪では最多メダル獲得数だった日本!パラリンピックも開幕しましたが、是非頑張ってほしいですね。そんなメダル達をこれからも追記していきます。

更新日: 2016年09月08日

aoteriさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 66008 view
お気に入り追加

全ての夏期大会のメダルのモチーフはニケ

ギリシア神話に登場する勝利の女神。ローマ神話ではウィクトーリア (Victōria) と呼ばれる。
サモトラケ島で発掘された彫像「サモトラケのニケ」(ルーヴル美術館所蔵)が有名。

wikipedia ニーケーより引用

デザインは、1928年アムステルダム五輪から伝統的に、片面には勝利の女神「ニケ」が描かれていて、今回のリオ五輪でも踏襲されました

第31回オリンピック競技大会 《リオデジャネイロ》 2016年 ブラジル

勝利のニケはメダルの伝統的なデザイン。
中央に配置された女神の美しさが際立つ。
他国のメダルよりも、女性のボディラインを強調してあるように見える。

オリンピックロゴの下には「勝利の女神ニケ(Nike)」が配置され、中央が盛り上がっています。
このニケは、ギリシャ神話に登場する勝利の女神ですがスポーツブランドのナイキ(Nike)もこのニケから来ています。

リオオリンピックのエンブレムと、古代ギリシアで勝者を意味する月桂冠が記されている。

パラリンピックのメダルは、振ると音が鳴る仕組みになっている。音の大きさで金、銀、銅を区別できる。

第22回オリンピック冬季競技大会 《ソチ》 2014年 ロシア

雪と氷の大地をイメージさせるロシアらしいデザイン。
鋭角なデザインが、ロシアの雪山を髣髴とさせる。

裏面には開催都市と国名、メダル獲得の競技名が記載してある。

ロシアの伝統的な模様を施し、透明な素材を組み合わせた斬新なデザインとなった。メダルの約半分をくりぬき、透明素材で広大なロシアの国土をイメージ

ロシアでは教会や宮殿を飾るのに用いられた。

第30回オリンピック競技大会 《ロンドン》 2012年 イギリス

表面には勝利のニケと古代ギリシアのパルテノン神殿、裏面には力強い直線と、ロンドンオリンピックのエンブレムが記されている。
リボンのようなデザインは、テムズ川を表している。

裏面には英語と点字でロンドンパラリンピックと記載されている。

表面には前進や力強さなどをイメージし、ギリシャ神話における勝利の女神ニケの羽があしらわれてます

メダルは直径8.5センチ、厚さ7ミリで重さは375~400グラム

リオオリンピックに次ぐ大きく、重いサイズのメダル。

第21回オリンピック冬季競技大会 《バンクーバー》 2010年 カナダ

波のようにうねる表面が特徴のデザイン。
これはカナダの海や山、雪や自然をモチーフにしている。
広大な国土と、大自然が自慢のカナダらしい形になっている。

首にかける青いシルクのリボン部分には、白色で同大会のモットー「With Glowing Hearts/Des plus brilliants exploits(熱く燃える心で)」と大会ロゴをあしらった。

引用 http://vancouver.keizai.biz/

メダルの表側には、オルカ(シャチ)とカラスをモチーフにした先住民アートと五輪シンボル、裏面には大会名(英語・フランス語)、大会ロゴ、競技名が刻まれている。

引用 http://vancouver.keizai.biz/

デザインはカナダの先住民アートを取り入れたデザインとなっていて、現代の造形と伝統的なデザインが組みあわったものになっています。

オリンピック史上初めて1枚ずつ異なるデザインになっているそうです。またすべてのメダルをつなぎ合わせることで、一枚の大きな絵になるという仕掛も施されています。

出典http://designwork-s.com/

カナダの先住民はインディアンと呼ばれ、最近はファーストネーションズと呼びます。
赤と黒が中心の、まるで日本の歌舞伎の隈取りを思わせる力強いデザイン。

カナダ先住民族をカナダでは尊敬の意をこめて「ファーストネイションズ」と呼びます。

ファーストネイションズについてまとめている方がいましたのでご紹介します。

第29回オリンピック競技大会 《北京》 2008年 中国

表面はIOC(国際オリンピック委員会)の統一デザイン

メダル裏面の翡翠のバンドが特徴的で、メダルリボンをつける部分には2匹のドラゴンがあしらわれている。

引用 http://www.afpbb.com/

1 2





aoteriさん



  • 話題の動画をまとめよう