1. まとめトップ
  2. 雑学

土の中で、数えてる!?セミの数学的センスが高すぎる…

セミって、奥が深い。

更新日: 2016年08月24日

tiejiheさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
172 お気に入り 97246 view
お気に入り追加

定期的に大発生する「セミ」がいる

そのため数百万匹、いや数十億匹だろうか、おびただしい数が発生

その数は、50億匹とも60億匹とも…

なぜ、決まった周期で大発生する?

最近、このナゾがやっと解けた。

氷河期に入り、成虫になるまでの期間が通常なら7年のところ、10年、15年と延びていった

素数セミの祖先はもともと、毎年発生するふつうのセミだったんだって。

一部に氷河に覆われない「特別区域」があり、そこだけにセミが生き残った

もう氷河におおわれない狭い範囲で、大発生するしかなくなった…。

しかも、生まれる年がみんなバラバラだったから、なかなか出会えなかった(泣)

そこで、全員が「同じ年」に生まれることにした

出会いを確実にするために『周期』を持ったセミが『突然変異』で出現し、瞬く間に広まった

実は、もともと地上に出る周期がみんなバラバラだった。

何万年何十万年も過ぎ、最小公倍数が小さい周期のセミは減っていき、最小公倍数が大きい「素数ゼミ」だけが生き残っていった

素数の寿命を選んで地上に出れば、最もたくさんの恋人に出会える。

これが…思わぬ結果を生む

幼虫が地中から出ると人さし指ほどの大きさの穴がたくさんできる。ここから空気や水、養分が土壌の深いところまで速く送られる

「いかに環境の変化に対応するか」でもっとも有効な方法のひとつが、「他者と共存すること」だった

周期セミがいなければ、今のような森はない

結果的に、素数ゼミは森を豊かに育てる役目を果たすようになった。

セミたちは、土の中で数えてるはず

「セミは土の中で7年」というふうに言われるが、実際に何年間もぐっているのか、実はまだきちんと確かめられているわけではない

平均すると、およそ7年といわれてはいる。

成虫になってからのセミは、だいたい1カ月くらい生きます

あれw1週間じゃないw

オスは鳴くことでメスに自分の居場所を知らせているが、大音量のおかげで出会う確率が他の昆虫より高い

親は長生きしてまで育てる必要がない

人間より、よっぽど生きる力があるやん。。。

1





tiejiheさん

日常を大切にしています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう