1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

9月も要注意!スプレーやシート…ゴキブリ対策に効果的な方法

気温がぐんぐん上昇する夏。ゴキブリの存在は本当に怖いですよね。夏も終わりに近づけばゴキブリも減るだろう…と思っていませんか?実は9月こそ要注意!ゴキブリ対策に効果的な方法をまとめてみました。

更新日: 2016年08月23日

lulu0803さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
75 お気に入り 50591 view
お気に入り追加

▼ゴキブリは、気温15℃を超え、暖かくなると活動が活発化する。

気温がぐんぐん上昇する夏。
ゴキブリの存在は本当に怖い。

トイレからキッチンまで、わが物顔でガサゴソはい回るゴキブリも、気温が上がるにつれて活発化。夏には繁殖のピークを迎えます。

暑さが落ち着き始めるこれからの季節、ゴキブリに要注意。
なぜなら、温暖な気候を好むゴキブリは夏場は外にいますが、
気温が下がってくるにつれ暖かい場所を求めて家の中に入ってくる

▼家に出てしまった…という人も(´д`)

初めて家にゴキブリが出た … 初対面だったけどあれはキツいわぞわぞわした :;(∩´﹏`∩);:

ゴキブリが出たから、こたつの机に布団を乗せて寝た。

部屋にゴキブリが出た... 箱でぶっ叩いたわwwでも生きてた 本当に気持ち悪い

□出る前も!出た時も!ゴキブリ対策に効果的な方法ってないの??

・1番有効なのは、殺虫スプレーをかけること。

ゴキブリは、触角を舐めて身づくろいをする習性があるそうなので、通りそうな場所に待ち伏せタイプのスプレーをしておけば、触角や足に付き、体を舐めた時に有効成分が効いて退治出来るそう。

殺虫スプレーの有効成分には、気絶させるなどして、
動きを止める薬剤と殺す薬剤の2種類が含まれています
両方の成分をしっかり効かせるには用法・用量通りに使うことが大切

潜んでそうな場所や通りそうな場所に毒餌(ベイト剤)を置いたり「まちぶせスプレー」を噴きつけるなど「まちぶせ駆除」もオススメ

殺虫スプレーの多くは合成ピレスロイド系化合物を有効成分としており、その種類は20種類以上にも及びます。また、効き方も様々で、長期間 侵入防止するものや、即効で秒殺できるもの、
長期間 駆除し続けるものなどがあります。

・スペアミントの精油をスプレーしても効果的!

スキンケア商品などにも使われることがあるスペアミントの香りなら不快にはなりません。

隙間や水道まわり、玄関からもゴキブリは侵入します。侵入経路にはスペアミントの精油を水で薄めたものをスプレーしておきましょう

・ヒットさせるのは難しい…そんな時は他のタイプの殺虫剤と併用!

ゴキブリは、素早く逃げ回るので、確実に殺虫スプレーをヒットさせるのは難しいですよね。
そんな時は、他のタイプの殺虫剤と併用しよう!

毒エサは、食べると死ぬだけではく、その家がキケンだというサインを仲間うちで出しあい、そのうち来なくなります。

・ゴキブリが大量に出て困る時は、くん煙や霧タイプの殺虫剤!

1 2





lulu0803さん



  • 話題の動画をまとめよう