1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「誤って刺してしまった」…口論の末12歳長男を刺殺した事件が酷すぎる

21日午前、名古屋市で、12歳の小学生の男の子が刃物で刺されて病院に運ばれ、その後、死亡し、警察は男の子の48歳の父親、佐竹憲吾容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

更新日: 2016年08月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 24615 view
お気に入り追加

○小6長男を刺し死なす悲しい事件が発生

21日午前10時10分ごろ、名古屋市内の病院から「小学生の男児が胸を刺され運ばれてきた」と110番があった。

小学6年生の長男・佐竹崚太くん(12)の胸を包丁で刺し、崚太くんは病院に運ばれたが、約1時間後に死亡した。

名古屋市で小学6年生の男の子が包丁で刺されて死亡し、警察は父親を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

○胸の辺りを包丁のようなもので刺した

逮捕容疑は21日午前10時ごろ、名古屋市北区の自宅マンションで、崚太君の胸の辺りを包丁のようなもので刺したとしている。

21日午前10時ごろ、名古屋市北区上飯田の病院から「男の子が父親に刺され運ばれてきた」と警察に通報がありました。

○病院に搬送しましたが、長男ははまもなく死亡した

愛知県警によりますと、佐竹容疑者が自ら崚太くんを病院に搬送しましたが、崚太くんはまもなく死亡しました。

○父親は「誤って刺してしまった」と容疑を否認

警察によりますと調べに対し、父親は「誤って刺してしまった」と容疑を否認しているということです。

同容疑者は「口論になった」と供述しており、署は当時の状況を調べている。

現場は名古屋市営地下鉄の上飯田駅から北東に200メートルほど離れたアパートや店舗が建ち並ぶ住宅街です。

12歳の子供と口論になってどう誤ったら包丁で胸を刺すんだ?

○容疑を殺人に切り替えて経緯を調べている

殺人未遂の疑いで、父親のトラック運転手佐竹憲吾容疑者(48)=北区上飯田北町2=を逮捕し、容疑を今後、殺人に切り替えて経緯を調べる。

事件後、佐竹容疑者は崚太君を抱きかかえ、自宅から約100メートル東にある病院に歩いて運んだとみられる。

○このニュースはネットでも話題になっている

自分の子供を口論の末刺し殺すって、もともと異常だったんだろうな。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう