1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

事実上の解任..名古屋グランパスが小倉隆史監督の休養を発表

サッカーJ1の名古屋グランパスは22日、成績不振を理由に小倉隆史(おぐらたかふみ)GM兼監督を23日から休養させることを発表しました。事実上の解任で後任は今月、アシスタントコーチに就任したボスコ・ジュロブスキー氏が務めます。オリジナル10の名古屋が降格危機に瀕しています。

更新日: 2016年08月27日

1 お気に入り 7611 view
お気に入り追加

名古屋グランパスが小倉隆史監督の休養を発表

名古屋グランパスは二十二日、成績不振を理由に小倉隆史ゼネラルマネジャー(GM)兼監督(43)を二十三日から休養させることを決めた。

久米一正社長(61)が名古屋市内で休養勧告し、小倉監督が事実上の解任を受け入れた。

後任はジュロブスキーコーチ

後任には7月にスタッフ入りした元マケドニア代表監督のジュロヴスキー・コーチが昇格する予定だという。

チーム編成権を持つGM職は剥奪され、久米一正社長が兼務する。

理由は成績不振

昨季はGM補佐だった小倉監督は、指導経験のないまま今季はGM兼監督に就任。

「5人目まで連動するサッカー」を掲げていたが、クラブワーストを更新するリーグ17試合連続勝ちなし。

前節終了時点で、残留圏の15位・甲府まで勝ち点7差の16位と低迷。

苦渋の決断か

7月には不満を募らせたサポーターへの説明会を開催し、クラブの久米一正社長からは「続投がベスト」との発言が出ていた。

しかし、一向に浮上の兆しが見えないため、苦渋の決断として、この日に方針転換したもようだ。

GM職としての契約が19年まであるため休養という形でひとまずクラブには残留するが、編成権ははく奪される。

オリジナル10の一員でJ2降格経験が無い名古屋グランパス

名古屋は2010年にJ1初制覇を果たすなど1993年のJリーグ開幕から参戦する“オリジナル10”の1つ

twitterでも話題に

やっと小倉ンパス体制終わったか…今頃解任してもほぼ出遅れだと思うけど

小倉解任とか意味わかんない、ならGM兼任監督させた意味は何だったんだ。トヨタの覚悟はその程度だったのかな、それとも本人が耐えられなかったか・・・インタビューも逃げてたし

小倉解任か~。いや実際目の当たりにしたら、試合内容もそうだし小倉の表情が崩壊寸前どころか崩壊してたし、やはり遅いくらいだよね。正直小倉のためにも早く切ってあげれば良かったんじゃないかな

遂に解任。 やっと決断したか。 遅い。 最悪のタイミングで最悪の結果を招いた。 もっと早く解任していれば ここまでチームも小倉監督も傷つく事はなかったのだ。 久米さんの罪は重い。 初のリーグ優勝の功労者だから みんな彼を信頼しきってしまった。 でも、最大の病巣は彼だった。

1 2





お気に入り登録ありがとうございます。
自分の気になったことをまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう