1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大統領選の出馬も… あのサルコジ氏がガチで復活しそう

2007年から2012年まで新自由主義者の大統領として活躍したサルコジ前大統領。そのサルコジ氏が今年の大統領選に出馬すると表明しています。もしかしたら再び大統領になるかもしれません。

更新日: 2016年08月23日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 15517 view
お気に入り追加

サルコジ氏が大統領選の出馬を表明

サルコジ氏はこの中で、24日に発売する著書「フランスにすべてを」の一節を紹介

2017年の大統領選に出馬すると決めた。フランスは我々にすべてを捧げるように求めている

大統領選で多くのライバルと闘うことに

来年4月23日に1回目の投票が行われ、過半数の票を得た候補者がいなければ、5月7日に上位2人による決選投票が行われます

サルコジ氏は所属する中道右派・共和党内部で数々のライバルと対決することになる

保守系支持者の評価が二分するサルコジ氏にとって、11月に行われる仏共和党の大統領選候補者を決定する予備選挙が最初の試金石になりそうだ

サルコジ氏は、「フランスが歴史上困難な時期に直面するなか、私には選挙戦を率いる力がある」としています

最大のライバルはアラン・ジュペ

所属している共和党では、すでに12人が出馬を表明し、11月の投票で候補者を絞り込む

最大のライバルは首相経験者のアラン・ジュペ(Alain Juppe)氏。穏健派とみられており、共和党の指名獲得が有力視されている

近の世論調査では、ジュペ氏がサルコジ氏をリードしているが、相次ぐテロを受け治安対策での手腕への期待からサルコジ氏が追い上げている

復活までには途方もない時間がかかった

サルコジ前大統領は2007年から2012年までフランスの大統領を務めました

サルコジ氏は12年の大統領選に現職大統領として出馬し、オランド氏に敗れた

大統領退任後は、政界から離れ、国際会議に出席したり、家族との時間を増やすなど悠々自適の生活を送る

フランスのニコラ・サルコジ(Nicolas Sarkozy)前大統領(58)が、2007年大統領選時に違法献金を受け取ったとして刑事訴追された

仏ロレアルの大株主のリリアン・ベタンクール氏から15万ユーロ(約1600万円)の違法献金を受けとった疑いがある

サルコジ氏は、これまで一貫して疑惑への関与を否定している

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう