1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

半世紀にわたる内戦終結へ…コロンビア政府と左翼ゲリラが戦終結で合意した

コロンビア政府と左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)は24日、キューバの首都ハバナで、最終合意に達したと発表した。

更新日: 2016年08月25日

Sanctusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
13 お気に入り 15392 view
お気に入り追加

・コロンビア政府と左翼ゲリラ、半世紀にわたる内戦終結で合意

コロンビア政府と左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)は24日、キューバの首都ハバナで、最終合意に達したと発表した。

半世紀以上にわたる内戦で22万人が犠牲になったとされる南米・コロンビアで、政府と左翼ゲリラ組織が内戦の終結で合意した。

・中南米最大の内戦が終結

22万人ともいう犠牲者を出した中南米最大の内戦が終結する見通し。

半世紀続いた内戦では少なくとも22万人が死亡、数万人が行方不明となったほか、数百万人が家を追われたという。

・4年近くにわたってキューバで和平交渉を行ってきた両者

4年近くにわたってキューバで和平交渉を行ってきた両者は、ハバナ(Havana)で共同声明を発表。

仲介したキューバの担当者は「対立を終え、安定した恒久的な平和を構築することで合意した」と話した。

内戦終結の合意は「最終的で完全かつ決定的」なもので「コロンビアに安定して持続的な平和を構築する」としている。

・さまざまな懸案を協議し、共同声明の草案作成にこぎ着けた

交渉関係者らによると、コロンビア政府とFARCは23日深夜まで数日かけてさまざまな懸案を協議した末に、共同声明の草案作成にこぎ着けたという。

政治参加や社会復帰、和平の監視などで、具体的な工程の詰めの作業を進めてきていた。

今後、FARC要員は特定の地域に集められて180日以内に武装解除を完了するほか、社会復帰のための教育や職業訓練が実施される。

・コロンビア革命軍(FARC)とは?

FARCはコロンビア最大の左翼ゲリラ組織。社会主義政権の樹立を掲げて1964年に設立した。

身代金目的の誘拐や麻薬取引に関与したが、2002年にウリベ前政権が米国の支援を得て掃討作戦を本格化。

一時はコロンビアの3分の1を実効支配下に置き、支配地域でのコカ栽培への課税、住民からの徴税、要人誘拐による身代金やコカイン取引で毎年推定8億ドルもの活動資金を得ていた。

・しかし、近年は相次ぐ掃討作戦で弱体化していた

2002年8月に就任したアルバロ・ウリベ大統領は1983年に父親をFARCに殺害されており「力による内戦終結」を掲げ、対FARC強硬策を選択した。

ピーク時の2002年に2万人余りだった勢力は現在7千~8千人程度にまで減ったとされる。

1 2





Sanctusさん



  • 話題の動画をまとめよう