1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

逆に儲かった。残業を減らす企業のスゴイやり方

業種や職種によって違うんだろうけど、斬新です。

更新日: 2016年08月25日

ikelongonさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
431 お気に入り 166599 view
お気に入り追加

そこで、仕事のやり方を、ガラッと見直した

【神戸製鋼】
会議では「結論を確認せず終了しない」「基本50分・最大80分」などの10のルールを決めた

【SCSK】
会議の時間、人数、資料を半分にする。午後5時以降の会議は禁止。訪問先と自宅の間を直行直帰する。残業は事前申請する

【ソニックガーデン】
結果さえ出せば、いつ働いても、どこで働いても良いという働きかたを採用した

【ランクアップ】
定時は午前8時半から午後5時半だが、大半の社員は5時に帰る。「業務が終わっていれば定時の30分前に退社OK」

【クラシコム】
残業をしないために、制作請負・イベント出展はすべて断った。相手の事情に従うことに一切手を出してないから、「そりゃ帰れます」

【ソニックガーデン】
ユーザー企業と顧問契約を結ぶことによって月額定額を受け取り、納期を無くした

限られた予算と人員、納期が残業を生むので、納品自体がいらないようにした。

【ランクアップ】
通販を行っているが、コールセンターや配送、倉庫などの大きな作業をそのままお願いする。一部だけ外注じゃなくて、丸ごと

そのかわり自分たちで、工夫させた

いいやり方が見つかったら、共有してほしいとお願いした。

【パシフィックコンサルタンツ】
残業を減らす取り組みをきっかけに、工程と中身を分析して手法を探り、若手が十分対応できる作業の割合を増やそうとしている

【クラシコム】
「人事ランク」があって、入ったときはみんな同じ給料、同じ評価で始まる。だから、その日の頑張りや成果の有無って関係ない

長い目で、貢献する

意外な人と協力することにした

一つの仕事や取引先に担当者を一人ずつのところを、あえて二人の担当者を配置し、ペアを組んで業務にあたる

【パシフィックコンサルタンツ】
退社時間を机の上に大きく示すボードを作る。仕事が多い社員がHELPマークを掲げる

社員は互いの状況を把握できるので、忙しい人には周囲から声をかけやすい。

【クラシコム】
「いま休んでいるAさんがいれば100点だけど、Aさんがいない時間はみんなで補完しあって80点でもいいじゃない?」

残業しないほど、得するようにした

残業代が減ることで、社員は経済的に打撃を受ける。そこで、残業代削減により浮いたお金を、インセンティブとして社員に還元した

1 2





ikelongonさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう