1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

未だに反省や謝罪の言葉はなし…相模原殺傷事件から1カ月が経った

相模原市の障害者施設で入所者19人が植松聖容疑者に殺害された事件から1カ月がたった。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年08月26日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
26 お気に入り 100204 view
お気に入り追加

○19人が殺害された事件から1カ月

相模原市の障害者施設で入所者19人が殺害された事件から1カ月がたった。

神奈川県警津久井署捜査本部は、植松容疑者が偏見を深め、襲撃を決意した理由などについて捜査を進めている。

○19人が死亡、27人が重軽傷を負った悲惨な事件

施設に侵入した植松容疑者が約45分間にわたり、入居者の首や胸を刃物で刺し、19人が死亡、27人が重軽傷を負った。

警察は施設の元職員、植松聖容疑者(26)が、入所者9人を包丁などで刺して殺害したとして殺人の疑いで再逮捕し、事件の全容解明を進めています。

○極めて偏った強固な思想による犯行だった

9人を殺害した容疑で再逮捕された元職員植松聖容疑者(26)は最近の取り調べに対し、「国が許可してくれなかったので、仕方なくやった」と供述。

調べに対して容疑者は、一貫して「障害者はいなくなればいい」などと主張しているという。

事前の準備や犯行状況をみても妄想や薬物の影響ではなく、極めて偏った強固な思想による犯行だったことをうかがわせる。

○社会のためにやったという意識があるという

植松容疑者は2月、衆院議長公邸を訪れ、障害者の安楽死などを主張する内容の手紙を渡そうとしたが、受け取りを拒否されていた。

○未だに反省や謝罪の言葉はないという

なぜ容疑者は障害者への強い差別意識を抱き、それが強い殺意にまで飛躍したのか。

中学生時代に障害を持つ同級生と関わったことなどが偏見のきっかけになったとほのめかしているが、反省や謝罪の言葉はないという。

警察は、事件を起こす動機を持つようになったいきさつを調べています。

○このニュースはネットでも話題になっている

戦後史上最悪の相模原事件から1か月、亡くなられた方々は社会から再度消されたかの様に何の報道もない。笑い声も生きる希望も奪った。最首悟さんは植松容疑者が精神異常者でも快楽殺人者でもなく「正気」だったと(朝日ネット)廃墟の中から積み重ねてきた『人権』が抹殺されていく恐怖を感じる。

相模原のやまゆり園の事件から1か月。重傷を負った一人の入所者、 「もう、やまゆりやめとく。。。」うなだれることが多くなったという。 のど、くび、腹をさされた傷跡。。。体と心の痛み。。。この事件、考えていかなければいけないと改めて強く感じた。 #やまゆり園

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう