1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

歯止めが効かない・・・16歳殺人事件にみる「集団的心理」の危うさ

埼玉県東松山市で起きた凄惨な事件でクローズアップされている「集団的心理」についてまとめます。

更新日: 2016年08月26日

60 お気に入り 132171 view
お気に入り追加

■埼玉県東松山市で起きた痛ましい事件

埼玉県東松山市の河川敷で、同県吉見町の井上翼さん(16)が遺体で見つかった

地元の不良グループに所属していたことが、今回の事件につながったという見方は強い。知人らによると、少年は赤い服に身を包み、十数人で公園や祭りに姿を見せる少年グループに参加。

埼玉県の16歳少年遺体 逮捕の少年らはカラーギャングに所属か。埼玉県の16歳少年の遺体発見事件で、県警は殺害容疑で5人の少年を逮捕した。容疑者らは、地元のカラーギャング集団「パズル」の所属とみられる。パズルのメンバーらは、バイクの窃盗や恐喝をすることで知られている(゚Д゚;)

現代ではあまり考えられませんが・・・

このグループは駅などでほかの少年グループをにらみつけることもあったという。

■事件については厳しい意見が寄せられている

賭けてもいい、こういうタイプは全く反省してないし、状況がそろったら同じ事をする、一生監視下におくべき <埼玉河川敷遺体>殺人容疑で16歳少年逮捕「無視された」 nico.ms/nw2358457 #niconews

16歳殺人容疑者ら 1人は否認 - auヘッドライン hl.auone.jp/article/detail… 否認してるくそガキ その場にいただけで罪なんだよ 逃げんな

中学生ら少年4人、新たに殺人容疑で逮捕 河川敷16歳遺体 - LINE NEWS news.line.me/list/2bb47a66/… #linenews @news_line_meから 今の若い子はやることがどぎついな。 なに考えてるんだかほんと訳がわからんわ。

メールを無視されたから殺すってのが短絡的過ぎるだろ・・・必ず返事をしないといけないって法律でも有るの界? <河川敷16歳遺体>殺人容疑で少年逮捕「うそついたり、無視した」(埼玉新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-… #Yahooニュース

善悪の区別ができない子供の世話は親がしっかり監視しなければなりません。

最近の親は無知でバカだな。被害者の親は「親の責務」を果たしていない。そんな親の子が夏休みの夜の街にいる。→<河川敷16歳遺体>殺人容疑で少年逮捕「うそついたり、無視した」(埼玉新聞) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160825-… #Yahooニュース

今回の埼玉16歳河川敷殺人死体遺棄事件は昨年?一昨年?の川崎中1殺人事件を模倣したかのような事件.なんとも嫌な感じしか受けない.

■今回のような少年犯罪に共通するのが「集団的心理」

埼玉県警が殺人容疑で同市内の無職少年(16)ら計5人の少年を逮捕したことで、井上さんが集団で暴行された可能性が強まった

歯止め役のいない多数の加害者が徐々に後戻りできなくなるという、集団心理も背景にありそうだ

過去にも様々な凶悪犯罪が集団によって引き起こされています。

大勢になればなるほど、自己の言動に対する責任感と個性がなくなり、しばしば無責任、無反省、無批判な行動になりがち。「赤信号みんなでわたれば」といった心理になる。

暗示にかかりやすくなる。人に言われたり、その場の雰囲気にしたがった行動をしてしまう。目立つ人、声の大きな人、の過激な号令に盲目的に従ってしまうことも。

俺だったらそんな犯罪には手を染めない!と言い切れるでしょうか。

自分が所属しているチームの中でこのような行動が発生した際、「自分はそんなことには加担しない」とはっきり身をひけるでしょうか。

1 2





トトロのめいかちゃんさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう