1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

ヘタレっぽいのに気になる…『童貞』が活躍するドラマ・映画

「恋愛はコスパが悪い」などとのたまう草食男子たちの童貞率は高いと思われる。何といっても恋愛をする意欲に欠けるのだから、体験するとしても相手女性は限定される可能性が高く「素人童貞」というやつだな、などとクダラナイ事を考えてしまった。しかしそんな童貞君たちが活躍する作品は結構多いみたい。

更新日: 2016年08月30日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 62747 view
お気に入り追加

◆ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」

派遣切りで休職中のヒロイン、みくりが、家政婦として自身を雇った独身男性と契約結婚する物語

夫=雇用主、妻=従業員の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男。はたして契約結婚の行方は…

新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする新感覚の社会派ラブコメディ

“みくりの相手役は誰!?"とネット上を沸かせた“津崎平匡役“に、俳優・音楽家・文筆家と多方面で大活躍中の“星野源“さんが決定

「プロの独身男」を自称する超真面目なサラリーマン・津崎は、高齢童貞で性欲を一切感じさせない佇まいの「ザ・草食男子」

京大卒。性格は超真面目で曲がった事が大嫌い。35年間、彼女がいたことはなく、高齢童貞

「津崎の真面目でウブで不器用だけど、かわいらしさも同居している絶妙な空気を出していただけるのは星野さんしかいない」

峠田浩プロデューサー・談

「逃げるは恥だが役に立つ」のドラマ化で童貞ブームが・・。童貞は扱いが難しいぞ。この世の全男性は童貞警察な一面を持つからな・・

神木きゅん童貞感あるけど星野源と同じ感じよな……え、どうなん????

◆映画「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」

17歳の童貞男子・大助(神木隆之介)が、地獄からの生還を目指して奮闘する宮藤官九郎監督のコメディ

事故が原因で地獄に来てしまった男子高校生が、ロックバンドを率いる鬼と共に奇想天外な冒険と抱腹絶倒の騒動を巻き起こす

キスもしたことないのに、このまま死ぬには若すぎる!!慌てる大助を待ち受けていたのは、地獄農業高校の軽音楽部顧問で、地獄専属ロックバンド・地獄図を率いる赤鬼のキラーK

演技派の神木が「童貞」高校生を熱演しているのですから面白くないわけがない。少しだけ切ないシーンにグッときながらも、残りの時間は圧倒的なバカっぷりに身を委ねて大笑い

「童貞は清潔感があるから好き」と言っている女性が想像してるの神木隆之介っぽい

◆ドラマ「ゆとりですがなにか」

「ゆとり第一世代」と呼ばれる1987年生まれの若者たちが、30歳目前に控え人生の岐路を迎える。<みんな違ってみんな素敵>と教えられたはずが、気づけばここは<優勝劣敗の競争社会>

サラリーマンの坂間正和(岡田将生)、小学校教師で童貞の山路一豊(松坂桃李)、そして妻子持ちで風俗業、浪人生、植木屋とコロコロ正体が変わる道上まりぶ(柳楽優弥)

視聴者からは、「童貞演技リアルで笑うわ。松坂桃李かっこいいはずなのにかっこよく見えない(笑)そこが上手いなぁ」「童貞っぽさがおもれーw」と、その演技を絶賛するコメントが続出

正和(岡田将生)にとっては“結婚”。山路(松坂桃李)にとっては“童貞喪失”。まりぶ(柳楽優弥)にとっては“大学受験”と、多くの誰もが通る、すべてが大人にになるための通過儀礼をついに最終回、それぞれが決断する

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう