1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

あれから1ヶ月…「相模原事件」を機に変わったこと

あの事件を教訓に、大きく変わろうとしていることが。

更新日: 2016年08月27日

Ironyucさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
60 お気に入り 264246 view
お気に入り追加

捜査は、今もまだ続いている。

神奈川県相模原市の障害者福祉施設、津久井やまゆり園に元職員の植松聖容疑者(26)が侵入し、入所者46人を刃物で殺傷

事件をきっかけに、「防犯体制」の問題が浮上

【佐賀】県内の障害者施設27カ所のうち、事件前に防犯訓練を実施していた施設はゼロ

【兵庫】不審者侵入対策について調査した結果、対応訓練をしていた施設はゼロで、危機管理マニュアルを作っていた施設も2割

その他の防犯体制も、今となっては不十分なものだった。

防犯カメラは約半数が設置する一方、警備会社への連絡システムを整えているのは17.6%。鍵の暗証番号を定期的に変えているのは1%

知的障害者施設の99%で警備強化 NHK調べ | NHKニュース www3.nhk.or.jp/news/html/2016… 殺意のある人間の侵入は想定外。 確かに、ふだんそんなこと全然考えてない。会社のフロアに来たら?とか考えたこともない。

想定外すぎることではあったものの、事件が起きてしまえば問題視せざるを得ない…

ひと月が経過し、各施設で大きな変化が。

【山梨】23施設のうち22施設が事件後に防犯対策を講じたり、強化を検討したりしている

【静岡】県内の社会福祉施設の代表者と県、県警の担当部局が一堂に会し、子供や高齢者を預かる施設の防犯対策を協議

「安全マニュアルの見直しや策定」で、施設の65%、次いで「施錠の強化」が57%、「侵入者対策訓練の実施」が51%、「防犯カメラの増設」が34%

障害者施設の警備強化は内部犯行には無力だけど模倣犯防ぐために必須。今回の事件を防ぐのはもっと違う分析結果が必要やな

「訓練で改善すべき点が分かった。催涙スプレーも準備するなど、マニュアルを考え直していきたい」

「不審者を刺激しない、適切な距離を取る、複数の職員で対応するなど、不審者への基本的な対応や刺股の使い方を学んだ」

もちろん、まだ考慮すべき点は多い。

相模原の介護施設の殺人事件は、例え警備員が常時見張ってたとしても防げたとは言えないんだよね。元職員が実行犯だし、警備員の行動もある程度把握してた可能性が高い。何処が手薄で侵入しやすいかも知ってやってる。 かと言って、誰か退職した(辞めさせた)から警備強化とかやりきれん。

そして今回の事件が特殊だったということもあるわけだけど、だからといって防犯体制を現状のままにしておくわけにもいかない。。

「パニックにつながりかねない大きな音以外で、緊急事態を知らせる方法を考えなければ」

「対策を強化しすぎることにより施設を利用される方々の生活環境の悪化や行動制限につながらないような配慮が重要だ」

1 2





Ironyucさん

ニュース記事の深堀り&わかりやすくまとめる系を多く作ってます!



  • 話題の動画をまとめよう