1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【愛すべきバカたち】最近の研究がぶっ飛びすぎw

人間の好奇心とは尽きないものですネ・・・

更新日: 2016年08月28日

ビクタムさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
40 お気に入り 42201 view
お気に入り追加

怠け者の研究

IQが高い人たちは簡単に退屈しない。そのため、「何かをすること」より「何かを考えること」に多くの時間を費やす

一方、考えるのがあまり好きではない人や、すぐに退屈する人たちは、刺激を求めてより活動的になる

60人の学生を思考型と非思考型に分類し1週間にわたり活動レベルを記録した。その結果、思考型の被験者は非思考型と比べて活動レベルがかなり低いことが判明した。

怠けがちな傾向とその悪影響をきちんと認識した場合、思慮深い人なら体を動かすことを選ぶだろうから。

賢い人なら悪影響のことを考えて活動的になる

尿からビールをつくる研究

ベルギーのゲント大学で、科学者チームが尿を太陽エネルギーと特殊な膜によって飲料水と肥料に分解する装置を開発した。

しかも省エネらしい

実際、ゲント市内で7月に開かれた10日間の音楽フェスティバルにこの装置を持ち込み、仮設トイレから尿を直接回収することで約1000リットルの飲料水を作ることに成功。

次はこの水を使っておいしいベルギービールを作るらしい

今後は、より大規模な装置をスポーツ施設や空港、飲料水や肥料の調達が困難な途上国の遠隔地などに導入することを目指す。

ゴキブリが分泌するミルクの研究

今回研究対象は「ディプロプテラゴキブリ」と呼ばれるゴキブリ。このゴキブリは、体内で子どもを育てる際に、腸からミルクプロテイン結晶を分泌する。

「特に味はない」らしいが、搾乳ができるわけではないため、現在、この成分を人工的に作る方法に着手しているという。

しかしいずれやってくるであろう食料危機。事態が深刻になれば、「ゴキブリ? 無理。」なんて言っていたのが懐かしい日々が来るかもしれないし、来ないかもしれない。

そういやゴキブリミルクがめっちゃ栄養価高いっていう研究があったような

リボンがなぜくるくるカールするかの研究

イールドとは・・・ハサミをリボンの下部にあてがい、すべらせることによりリボンがカールしていく現象

リボンがイールドを通過する際にかけられる負荷が大きいほどリボンの外側は永久的に変形し、くるくるとした華やかなリボンを創りだすのです。

【発見】①より鋭い刃を使うと細いカール。②リボンを刃の上にゆっくり滑らせるとカールは細く。③引っ張られている力が大きいほど、カールは細かなものになる。

1





ビクタムさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう