1. まとめトップ
  2. 雑学

アノ人もそうだったのか…『人間が持つ驚愕の特殊能力』5選

限られた人にのみ与えられる"特殊な能力"とその能力を有する著名人を紹介します。

更新日: 2016年09月06日

justastarterさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
422 お気に入り 337697 view
お気に入り追加

◆世の中には"人知"を超えた能力を有する人間が存在する。

限られた人間にのみ与えられる"特殊能力"を紹介します。

現実にも映画や小説に出てくるようなスーパーパワーを持っている人物は存在する。

◆1.『共感覚』

共感覚(きょうかんかく、シナスタジア、synesthesia, synæsthesia)は、ある刺激に対して通常の感覚だけでなく異なる種類の感覚をも生じさせる一部の人にみられる特殊な知覚現象をいう。

数や文字に色がついている、ある言葉を聞くと味がするといった、ふたつの異なる感覚が混同することを共感覚という。

「あ」という字に「赤」という色が見える、といったように複数の感覚が同時に発生する現象。

「黄色い声援」や「甘い匂い」といった比喩的な表現・イメージとは異なり、共感覚を持つ者には実際の感覚として生じている。

味を色として感じたり、数字を詳細な色調で感じたりすることが可能。

・「共感覚」者を自称している有名人

「数字が立体的なイメージになって現れる」と明かしている。NHK総合の番組『爆笑問題のニッポンの教養』で共感覚の特集を行った際に、共感覚について研究を行っている感性工学者長田典子(彼女も共感覚の持ち主)により、「本物」との評価を得ている。

幼少の頃より、人や文字に色が着いて見えていたとNHKの番組「LIFE」で語った。「人を見ると色が浮かぶ」と明かしている。

◆2.『映像記憶』

映像記憶(えいぞうきおく、英: Eidetic memory)は、生物が眼に映った対象を映像で記憶したもの、またはその能力のこと。写真記憶、直観像記憶ともいう。

一度見たものは何時間あとでも鮮明に思い出すことができる。

映像記憶出来る人は一瞬見たものを、細部まで記憶して何も見ずにスケッチ出来る。

・「映像記憶」能力を持つとされる著名人

名を知らぬ祇園の料亭に行った翌日、ある人から電話で昨日は祇園のどこだったかと訊かれ「ちょっとお待ちください」と考え、一瞬仰ぎ見た料亭の軒灯に書かれた文字を思い出し、正確に返答した事があるそう。

三島はカメラを持たない主義で、どこへ行くにも「自分の目」だけで一瞬の風景を逃さずに見ることにこだわっていた。

◆3.『明晰夢』

明晰夢(めいせきむ、英語:Lucid dreaming)とは、睡眠中にみる夢のうち、自分で夢であると自覚しながら見ている夢のことである。

自分好みの世界、自分好みの話の展開を繰り広げることが出来る。

ある調査によると人は平均して死ぬまでに一度は偶然に明晰夢を見る。

これは、脳内において思考・意識・長期記憶などに関わる前頭葉などが、海馬などと連携して、覚醒時に入力された情報を整理する前段階(夢)において、前頭葉が半覚醒状態のために起こる。

・「夢」をコントロールできると公言した芸能人

1日の平均睡眠が3時間ほどと公言しているGACKTは、あるイベントで「夢をコントロールできるが、悪夢はどうにもならない。なかなか夢から覚めないときは予知夢になる」という旨の発言をしている。

◆4.『絶対音感』

絶対音感(ぜったいおんかん、英語:perfect pitch)は、ある音(純音および楽音)を単独に聞いたときに、その音の高さ(音高)を記憶に基づいて絶対的に認識する能力。

記憶によって任意の音の絶対音高を把握し,その音を正しく知覚・再生する能力。

これに対して他の異なった音と比較して知覚するものを相対音感という。

1 2





世の中を温かい視点から眺めています。少しでも皆さんのお役に立つことができれば幸いです。



  • 話題の動画をまとめよう