1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

これは転売できない…マキシマムザホルモンの過激な転売対策が凄すぎる

最近、転売でのチケット高騰が問題となっている。様々なアーティストが転売対策を行っているが、その中でも特にマキシマムザホルモンの転売対策がすごかった。これは本当のファンしかチケットが買えないように出来ている。

更新日: 2016年08月29日

spiceharbさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
87 お気に入り 608054 view
お気に入り追加

■マキシマムザホルモンとは?

マキシマム ザ ホルモン「F」が劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』のバトルソングとして劇中で使用された

■人気でチケットが手に入らない状態

■マキシマムザホルモンの過去に行った転売対策が話題に

バンドはドラマーのナヲが妊活を経て、第2子を妊娠したため、昨年6月からライブ活動を休止しているが、亮君はかつて実施した転売対策を紹介

「ホルモンの事がどれだけ好きか原稿用紙にアツいメッセージを書いて提出しなくてはチケットが買えない」という制度

■しかし、1回きりでその制度は終わってしまった

この対策についてマキシマムザ亮君は「もちろん、このシステムは一度きりで廃止となった。全部メンバーが読むだけで三ヶ月かかったから!目疲れちゃったもの(あほや)」と廃止にした理由についても語っていました

■この対策にネットでも話題になっている

@MTH_OFFICIAL 亮君の考えと取り組みがすきですいつも !笑 っていうか、なるほど。

■他にもチケットを記名式にする対策も行っていた

2008年の「“爪爪爪”TOUR」ではチケットを1人1枚のみの記名式にするなど、同バンドは転売対策を入念に行ってきました

また、入場時にはチケット券面と身分証明書による本人確認が必須で、購入者本人以外の入場は一切できないシステムにしたそう

@MTH_OFFICIAL 爪爪爪ツアーのときは1人1枚のみの購入で本人確認までやって大変だったけど、生粋のホルモンファンしかいないんだぁっておもうとうれしかったなぁ♪(´ε` )

■しかし、チケット高額転売の共同声明には名前がなかった

1 2





spiceharbさん

毎日まとめ投稿しています。
注目のエンタメ、グルメまとめ。

ちなみに、名前の由来はスパイスとハーブ好きから。
スパイス検定2級、京都検定も持っています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう