1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

接近中の台風10号が”記録ずくめ”の台風となりそう…

接近している地域では「最大級の警戒」が必要です

更新日: 2016年08月29日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
51 お気に入り 209013 view
お気に入り追加

■台風10号が日本に接近中!

大型で非常に強い台風10号は伊豆諸島の八丈島の南の海上を北東へ進行中。

中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。

29日9時時点

台風10号(ライオンロック 意味:山の名前 )

30日に北日本~関東へ上陸か

伊豆諸島と小笠原諸島の間の海上を北東へ進んだ後、次第に速度を上げながら進路を北西に変更。

30日には北日本から関東に接近、強い勢力で暴風域を伴ったまま上陸する可能性が高くなっている。

これから31日の朝にかけて大荒れの天気に

台風から湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になるため、北・東日本では、29日から山沿い中心に激しい雨が降る見込み。

30日朝までに降る雨の量は、東北と関東甲信、北海道で150ミリ、北陸で100ミリ、伊豆諸島で80ミリ。

30日の朝~31日の朝にかけては、東北で300ミリ~500ミリ、北海道と北陸で100ミリ~200ミリ、関東甲信で100ミリ~150ミリ。

気象庁は暴風や高波、土砂災害、川の増水、低い土地の浸水、高潮などに警戒するよう呼びかけている。

台風10号が文字通り殺人級にやばいんだけど。コースも勢力も子供が数値いじくったみたいなチート状態なんだけど。最大瞬間風速65m、940hpa、コースの反りは通常と鏡移し状態で、勢力としては伊勢湾台風を超える勢い。しかもほぼ宮城から上陸・直撃コース。

本当にUターンしてきやがった。たいてい、福井では、台風被害が少ない。だから慣れていない。ほぼ備えない。楽観視。そういうのってありがちでしょうね。地震、水害、土砂災害、いずれにおいても。考えたほうが良いです。危機対策、危機管理。

発生位置を包み込むような軌道の台風なんて初めて見たぞ pic.twitter.com/HwJyezBltJ

自分も見たことない…

■まさに”異例中の異例”の進路をとっている台風10号

台風10号はこのまま進むと、29日(月)午後には、発生場所の近くまで戻り、本州の南海上でぐるりと一周する。

今年は例年と比べ、太平洋高気圧が日本の東側ずれ、大陸側にも別の高気圧が。さらに、台風9号、11号が存在したことで、10号の進路がなくなってしまった。

これらの理由で、押し出されるように南西へジリジリと進み停滞、現在は、高気圧の間の割れ目を通りながら本州に近付いている。

この他にも寒冷渦など複数の要因が重なった

■どうやら記録ずくめの台風にもなりそう

統計がある1951年以降、台風が日本海側から東北に上陸した例はあるが、太平洋側から上陸した例はない。

もしこのまま東北地方太平洋側へ上陸すれば、観測史上初となる。

専門家も「前例がないコース」という

今後勢力を落としたとしても、東北太平洋側に上陸することになれば、過去最強勢力での上陸となるのは間違いない。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう